弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

企業知財→総合商社というキャリアを選んだ後輩と話して感じたこと

かつて所属していた大企業でのことです。私が知る限り、2005年以降入社の知的財産部配属の人達は、結構華やかでした。

まず見た目が爽やかな人が多かった(私は例外ですが。。)。さらに、学歴も高く、東大、京大、東工大、阪大、早慶出身の人がほとんど、とかいう意味不明な状態でした。正直、同期の研究職の人達と比較して、少なくともカタログスペック上はレベルが高かった気がします。まぁ知財バブルだったんでしょう。

今から考えると、その企業の知財部に一生収まるタイプでない人達を採用していたように思います(知財部の地位が必ずしも高くない企業だったように感じています。)。その後、自ら手を挙げて、社内の別の部署(経営企画やら法務やら)に異動していった人も何人かいました。

社外に出ていった人はかなり沢山いました(私もその一人です。)。リーマンショックの後に、社内の雰囲気が本当に悪くなりましたからね。。

で、当時の後輩の一人が、総合商社に転職すると言い出したんです。正直、魅力的な奴ではありましたが、少なくとも「知財」という仕事だけを見ると、特別優秀という印象もありませんでした。

正直、やめといた方がいいんじゃない?と思っていました。「また知財の仕事がしたくなったら相談乗るからな」と、最後に二人で飲んだ時に伝えたことを覚えています。

で、昨年末に約三年ぶりに飲みに行ったんです。会う前は、元気にしてたらいいけどなぁ、とちょっと心配していました。ところがどっこい、会ってみたら元気も元気、どうやら今の会社で大活躍しているようです。年収も、前の会社にいたら課長とかにならないと難しいレベルに達しているとのこと。

何というか、その彼は器の大きい人間、という感じなんです。そういったタイプの人にとって「知財」という仕事は少し物足りなく、結果としてあまりハマっていない(特別優秀とは感じれない)状態になっていたのかなぁと思ったりしました。

人間向き不向きがあって、「知財」も出来ないんだから「総合商社の仕事」なんて出来るわけがない、という関係が成り立つわけではないんだなと感じた次第です。

自分に向いてる仕事に就けたら、それだけで幸せな気がします。と、昨年末、かつての後輩から勉強させて頂きました。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

2018年、もうちょっと前に出てみよっかな。

2017年は人生2度目の転職をしましたので、色々とバタバタでした。特に仕事面では、(自分にとって)新しいクライアントの案件を沢山頂いたので、勉強することが多く、面白い反面大変でした。

転職した当初は「新しい事務所に馴染めるかな〜」なんて思っていましたが、明るい爽やかな人が多いため、意外とすんなり馴染めました。今では、皆と定期的に飲めるくらいになりました(笑)

一応、転職してすぐは大人しくしておこうと決めていました(皆の目にどう映っているかは謎ですが。。)。が、最近大分慣れてきましたので、そろそろ今の事務所ならではのことにも色々とチャレンジしてみようかと思っています。

今の事務所はチャレンジすることに寛容です。メンバーが色々と新しいことを経験することは大切なこと、とボスが考えてくれているようです。それこそ、「〇〇君、APAA(Asian Patent Attorneys Association)行ってきたら?」くらいの軽い感じで新しい機会を提供してくれます。

まぁ頂ける機会は頂くとして、今の事務所は自分で色々とチャレンジすることもウェルカムです。自分で色々と考えて動きたい、と思い今の事務所に移ってきたところもありますし、今年も新しいことをやってみようと思っています(やってみたいことは結構あります。)。

今年もオモロイ一年にするぞー!

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

転職する程飲み会の誘いが増える(知り合いが増えるのは良いことや(んな?))

当然ですが、転職をすると新しい同僚ができます。新しい同僚達とはたまに飲みに行きます。

転職すると、今までの同僚が元同僚になります。元同僚達ともたまに飲みに行きます。

元同僚達は、元々同僚になります。元々同僚達ともたまに飲みに行きます。

ということで、転職をすればするほど飲み会の機会が増えます。そういや、今年は弁理士会近畿支部の委員会にも参加していたので、そういった関係の飲み会も結構ありました。

何か新しいことを始めると、知り合いが増えます。知り合いが増えると、飲み会が増えます(笑)

今まで入ってこなかった情報が入ってくるので、その点は非常に良いです(ゴシップネタみたいなんが多いですが。。)。

その一方、飲み会もそれなりに時間を食います。金曜日に飲みに行く代わりに、日曜日に働くという、なんじゃこりゃ的な状態も発生したりします。

たまには断らないとなぁと思ったりもするのですが、結局、人と話すのが好きなので、誘ってもらったらすぐに行ってしまいます(本当にヤバイ時は断りますけどね。)。

ということで、今週も日曜日ちょっと働こっかな(笑)

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

【転職】弁理士試験の合格祝賀会に参加しました。

先日、西日本弁理士クラブの合格祝賀会に、採用目的で参加しました。

色々な方とお話しさせて頂きましたが、何やかんやで大企業の方は華があります。

よく、大企業の人事は「我々が一緒に働きたいと思う人を採用する。」とか言いますが、確かに一緒に働きたいと思える人が多かったように思います。

恐らく大企業に勤務中の方の多くは、弁理士資格を取得したからといって転職したりはしないんだと思います。転職って、現状を変えたいという想いがよほど強くないとやらないことだと思いますので。で、大企業に勤務している場合、待遇面とかにそこまで不満がないケースが多いと思いますし(特許事務所に転職したら(少なくとも最初の一年は)給料が下がるケースが多いと思います。)。

まぁそういうことで、大企業に優秀な人材が集中するのだと思います。うんうん。

ただ、たとえば、私が昔所属していた大企業には、社内弁理士が非常に沢山存在していました。弁理士資格を持っているという理由で何かを優遇してもらった記憶は一切ありません。何というか、四番打者が非常に沢山存在する組織だったような気がします。

なので、そういう組織では、相当上手く立ち回らないと自分にチャンスが回ってきません。私自身も、待っていては何も変わらないので、都度手を挙げて色々と新しいことにチャレンジしていました(手を挙げなくても色々と機会を与えてくれる組織だったら楽だったなぁと思いますが。。まぁそんなとこないかな。)。

大企業における一部の仕事は、日本中探してもそこでしか経験できない仕事だったりします。そういった仕事は、本当に大変ですが、とてもやり甲斐のあるものです。

ただ、その一方、一部の仕事はそこでなくても経験できる仕事なような気がします。

まぁ何というか、本来四番を打てるのに、何か巡り合わせが悪くベンチを温めているような状況があれば、色々と考えてみるのもいかがでしょう?(笑)

(めっちゃ良い感じの方がいたんですが、多分事務所には来てくれないんだろうなぁ。。)

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

【就職・転職】各社知財部のカラーを知るために調べると良いかもと思うこと。

企業知財部時代、ライセンス担当をしていたときに感じたことがあります。パテントアグリゲーター(RPXとか)やNPE(Non Practicing Entity)の日本ブランチの責任者って、日本の企業知財部のOBであることが多いです。

現役時代にご本人がライセンス交渉をバリバリやられていて、その時に構築したコネを使って転職されるんですかね。とある日本企業(A社としましょう)のOBは、そういった企業で活躍されたり、ご自身で知財系の会社を起業されたりしているケースが多いようです。

そういった企業(たとえばA社)は、責任者にも実務の深いところまで入ることを求めているんでしょう。そうでないと、退職後にゴリゴリのライセンス会社の責任者が務まるわけがないと思われますので。

一方、別の企業(B社としましょう)のOBは、ライセンス会社とかよりも、大学やらTLOに転職することが多かったりします。ライセンス会社でバリバリやるよりは、少しゆっくりされている印象です。

ちょっと調べてみると分かりますが、会社によってA社系とB社系とがあるように思います(他にもあるかもしれませんが)。

就職やら転職やらを考えている人は、そういった観点で会社について調べてみるのも良いかもしれません。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

【弁理士試験】ベテランの域に達してしまった受験生が意識した方が良いと思うこと

何度も書いていますが、私、三回の弁理士試験受験を経て、ようやく弁理士になることができました。三回というと、「まぁ普通ですね。」と言われることが多いです。

まぁそうなんですが、それは社会人の場合です。学生の場合は、三回も受験していれば完全な「ベテ」です。社会人の方と比較すると、比べ物にならないくらい勉強できるわけですから(時間的に)。

はい、そんな「ベテ」の域を経て、なんとか弁理士になった私が、「ベテラン受験生が意識した方が良いと思うこと」を書いてみたいと思います。

弁理士試験の勉強をしていると、何となくですが、知識レベルが以下のフェーズ1〜4を順に辿っていくように思います。

フェーズ1:短答にも合格できないレベル

フェーズ2:短答に何とか合格できるレベルで、かつ、知っていることを全て書けたら論文にも合格できるレベル

フェーズ3:知っていることを全部書いたら論文に落ちちゃうレベル(ここがミソです。ここに嵌まるとヤバイ!)

フェーズ4:色々なことを知った上で、書くべきことを取捨選択できるレベル

フェーズ1の状態の人は、何回受験してようがベテランでも何でもありません。まだまだアマチュアです。何も考えずに勉強しましょう。

問題は、フェーズ2を越えてフェーズ3に突入してしまった人です。こういう事態が生じ得るのが、この試験のやっかいなところだと思います。

フェーズ3に突入しているのに、知識が足りないのが受からない原因と思ってしまったりするんです。もしかしたらあのマイナー論点を聞いているんじゃないか。。とか疑心暗鬼になってグチャグチャな答案を書いてしまったりするんです。

兎に角、フェーズ3に突入してるのでは?と思う方は、意識的にそこから抜けようとすることが重要です。

で、フェーズ3から抜けてフェーズ4な感じの答案を書くコツです。

論文の答案構成をしている段階をイメージして下さい。やべー、これもしかしたら、あのマイナー論点聞いてる?という状況だとしましょう。

1.比較的勉強歴が浅い状態で合格した方をイメージして下さい。

2.その方は、その論点を知っていそうでしょうか?

3.知っていそうなら書きましょう。

4.知らなそうなら止めましょう。

私の場合、そんな感じで成績がめちゃめちゃ上がりましたとさ。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

他社特許調査みたいな仕事もやっています(技術の流れを知ることができて結構おもろいんよね。)。

現在所属している事務所には法律部門が存在するため、法律部門経由で知財関係全般の業務が舞い込んできます。元々企業知財部出身であり、今まで権利取得業務以外も色々とやってきたため、法律部門経由で頂く仕事は結構好きです(ずーっと権利取得をやっていると少し飽きてきてしまうんですよね。。)。

他社特許調査のような仕事も、法律相談の延長から発生したりします。調査業務と権利取得業務とでは使う脳みその回路が違うのか、権利取得業務が捗らなくなった場合に調査業務が捗ったりします。

そういった意味で、色々な種類の業務を持っていると実は業務効率が上がるような気もします。まぁ気のせいかもしれませんが(笑)

事務所弁理士としての経験も積めて、かつ、業務の幅が広いというのは今の事務所(特許法律事務所)の良さかなぁと思います。

「何でもやれる」と捉えるか「何でもやらなあかん」と捉えるか。本当、何でも捉え方次第かと思います。

(が、知財業務の特性として、ある程度経験の幅がないと、色々と考えが思い届かない場合が出てくるので、やはりある程度幅広い経験を積んでおくことは重要なんじゃないかなぁと思います。「狭く深く」というのもまぁ良いとは思うのですが。)

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

事務所規模に応じて受任案件の質が違う説(まぁそらそうやろうなぁ)

今の事務所(中規模)は、前の事務所(大規模)と比較して、納期の厳しい案件が多いように感じています。いつも納期に追われているので、精神的には少し疲れます。

何で納期が厳しいのかというところですが、そもそも受任している案件の性質が違うような気がします。

前の事務所のときは、よくよく考えるとノルマ出願的な案件が多かったような気がします。たまに、二週間以内に出願みたいな案件もありましたが、ほとんどの案件は期限がないようなものでした(目標期限はありましたが、いつ新規性が喪失されるとかそういった話ではありませんでした。)。

今の事務所に移ってからは、いついつ営業がお客様に見せるので、とか、いついつ発表するので、とか、そういった案件がほとんどです。ですので、自ずと期限が決まってきます。

今の事務所は規模が大きくない分、ノルマ出願を大量に処理するには向いていないのでしょう。お客様もよく理解されてます。

まぁだから何なんやという話でした。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

明細書納品時のコメント(お客様が特許の専門家じゃない場合、結構むずいよね)

今の事務所に移ってから、知財部門のないお客様から仕事を頂くことがちょこちょこあります。

そういったお客様に明細書案文を納品する場合、どういったコメントを付してあげると親切なんでしょう。

よくよく考えると、自分も大企業の知財部出身だし、前の事務所でも超大企業の案件しかやったことがありませんでした。そういう意味で、私自身、大企業向けのコメントしか頂いたことがありませんし、大企業向けのコメントしか書いたことがありません。

今まで通りのコメント(大企業向けのコメント)を付しても、特許の専門家でないお客様からすると、意味プーかもしれません。。

これに関しては、今のところ自分なりの答えを見出せていません。先輩達のコメントを拝見しながら、継続的に勉強させて頂こうと思います。

(本日も悩みながらコメントを書きましたが、お客様の役に立つコメントになっているやろか。。にしても最近、急に滅茶苦茶忙しいです。。)

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

弁理士(知財担当者)は技術の専門家なのか?(たまに、俺は技術者よりも技術に詳しいぜー、みたいな人いるよね。。)

どうなんでしょ?

最初の職場(大企業知財部)には、以下の二大派閥(笑)がありました。

派閥A:知財担当者は、技術者に負けない技術力が必要!兎に角、一つの技術的専門性を身につけよう!

派閥B:技術のことは技術者に任せる。技術者から本当のことを聞き出す力を身につけよう(技術者は都合の悪いことを隠したりするから)!そして、聞き出した内容をどのような権利に仕上げれば事業に役立つかを考える点に専門性を見出そう!(なので、技術分野も幅広く担当していこう!)

私、この人多分メチャクチャ優秀だなぁと思う人についていっていたら、知らないうちに派閥Bに属していました。そんなこともあってか、私は、弁理士は「技術」の専門家ではなく、「知財」の専門家だと思っています(文字にすると、そらそうやろ、という感じもしますけどね。。)。

正直、企業の知財担当者であれば、派閥B的な考え方を持った方が事業貢献しやすいので、良いのではないかと思います。どれだけ技術的に優れていても、ちょっと権利の取り方をミスると、すぐにクソ特許になってしまいますので。それに対して、技術的な部分を技術者から正確にヒアリングできている限り、技術的な点で大外しする確率は低いです。

一方、事務所弁理士の場合、どちらのタイプも需要がありますので、どちらが良いってもんでもないのかなと思います。売り上げが上がる限り、事務所事業には貢献できますので。やっぱり、小難しい技術分野が得意って人は強いですよね。

とか言いながら、私自身は、やっぱり派閥B的な考え方なんですよね。まぁ当然、派閥A的な仕事を求めるお客様には、可能な限りそっちに寄せた対応をさせて頂きますけどね(笑)

(今の事務所で働き始めて半年ちょっとですが、担当させて頂いたクライアントの数が30を超えていました。昔から派閥B的な考え方を叩き込まれてきたので、何とか対応できているのかなぁ〜。昔の上司には感謝、感謝。)

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

「知財担当者って単なるメールボーイでしょ?」って言ってる弁理士は、まだこの業界のことをあまりよくわかっていないんだと思う。

タイトルのようなことを思っている事務所弁理士は、ある程度存在するようです。企業知財部から特許事務所に転職した後に、リアルでそういうことを言う人に会い、結構幻滅するとともに、この人は今まで大した仕事をしてこなかったんだなぁと思いました。

前々職(企業知財部)の同僚にも、確かにそのような人(メールボーイ)はいたように思いますが、どちらかというと少数派だったように思います。

基本的には、そういったタイプの人は、重要事業を任されておらず、「まぁ、特許なんてあってもなくてもどっちでもいいんだけど、発明奨励のために一応出願はしとく?」みたいな事業を任されていた印象です(ほぼ独占状態みたいな事業の場合、特許はそこまで重要視されなかったりします。まぁ競争がないので、特許なんて不要ですわな。)。

事務所の弁理士も、重要案件を担当している人は、知財担当者を単なるメールボーイとは思っていないと思われます。もし知財担当者が単なるメールボーイと感じるのであれば、現在置かれている環境が相当なぬるま湯で、自分のスキルが低下している可能性があることを心配した方がいいのかもしれません。

そういや、こんなこと言う人がいたなぁとふと思い出したので。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

外内案件を通じて記載要件のギリギリのラインを学ぶ

自分で明細書を書いた場合、日本において記載要件( 36条4項1号、36条6項1号等)だけで権利化不可能状態(どこをどう補正してもどうにもならん状態)に陥ることはまずありません。ある程度無難な明細書を書きますので。

というか、この11年と少しの間、こないだまでそのような状態に陥りそうと感じたことすらありませんでした。

が、現在、外内案件を通じてその危機を(少しだけ)感じています。先日、面接をしてきました。

面接のアポを取る時に言われた言葉が印象的でした。

「面接に来て頂いたからと言って、書かれていないものが書かれていることにはなりませんからね。」

そらそうですわ。うーん、辛い。

そういや、初めて特許侵害訴訟の補佐人をやることになりそうです。よく考えたら、企業時代も通じて国内の侵害訴訟に携わるのは初めてです。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

Twitterってすごいのね(論文答案の書き方をまとめたページへのリンクも貼ってます(笑))

先日、弁理士試験に関する以下の記事を書きました。

japanpatentattorney.hatenablog.com

この記事自体は、実は、とある知り合いの受験生に読んでもらえたらなぁと思って書いたのですが、結果的には結構多くの方に読んで頂けたようです。

最近、ブログを更新する度にTwitterで呟いています。そうすることで、Twitter経由でこのブログにアクセスしてもらえますので。大体は、このブログへのアクセスのうち1〜2%がTwitter経由といった感じでしょうか(小さいことからコツコツと、って感じです。)。

(アクセス数が伸びて何が嬉しいんだってのは謎ですが、完全にゲーム感覚でやっています(笑)他に何か楽しみがないんか、ってのはありますが。。)

で、上記記事をアップしたところ、複数の方から初めてリツイートというものをして頂けました(あざーっす!)。そうすると、Twitterからのアクセスが増える増える。googleとかブログ村とかからのアクセス数を超えてしまいました。

これからも地味に呟きます(ほぼ、ブログの更新情報しか呟いていませんが。。いまいち、どんな内容を呟いたらいいのか分かっていません(笑))

そういや、過去に弁理士試験における論文答案の書き方を書いたことがありました。10年以上前に書いたものなので、今でも使えるかは謎ですが、参考になる部分もあるかも?

japanpatentattorney.hatenablog.com

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

【弁理士】論文試験不合格だった人に読んでもらいたいなぁ。

私、平成15, 16, 17年と三回弁理士試験を受験しまして、論文試験も三回受験しました。正直、1回目とか2回目で受かっていたらまた人生違っただろうなぁと思ったりもしますが、三回受験して良かったなぁと思うところもあります。今日はその理由を書いてみたいと思います。

論文の点数を左右する要素としては、以下の二つが大きいかなぁと思っています。

1.知識(項目を落としていないか)

2.文章力(情報が適切に整理されていて読みやすいか)

正直、項目を一つも落とさなければ、多少文章がぐちゃぐちゃでも合格できます。ただ、なんぼ知識がしっかりしていても、項目というのはついつい落としてしまうものなんです。私も、最後の年は短答で50点以上取るくらいになっていましたが、やはりいくつか項目を落としてしまいました。

挙げた項目数で勝負しているうちは、どうしても結果にムラが出てしまいます。コンスタントに65点を取ることが難しいんです。

ただ、文章力が上がってくると、多少項目を落としても良い点がつきます。私も論文の採点バイトをしていましたが、多少項目を落としていても、よく整理されていて読みやすい答案には高得点をつけていました(合格した年は、答練でもほとんど合格点がついていました。)。

私の場合、2回目受験した時には、まだ文章力というものにあまり意識がいっていませんでした。ですので、答練でも項目を沢山挙げれたときは良い点を貰ったこともありましたけど、ダメなときはダメでした(笑)

多分、2回目で合格していたら、普段明細書を書くときに、今ほど文章の読みやすさというものを気にしなかったような気がします(基本的には理系人間で、文章を書くことから避けていましたし。。)。

今、お客様に明細書を納品して、読みやすいと褒めてもらえることがちょこちょこあります。これは、完全に論文試験を三回受験したお陰かなぁと思ったりします。

ということで、今回論文試験の結果が残念だった方は、自分の文章と向き合う良い機会だと捉えることもできるのではないでしょうか?まぁ、受かっていたら、他の新しいことを勉強できて、さらに羽ばたいていけたのかもしれませんが、物事捉えようかとも思いますので、前向きに考えた方がいいんでない(まぁお節介ですね。すんません。)?

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

特許明細書って何歳まで書けるもんなんだろうか。。

中小特許事務所には所長以外に管理職的なポジションがありません。したがいまして、給料を貰うためには何歳になっても明細書を書き続ける必要がありそうです(それか、管理職ポジションを沢山作れるくらいに事務所を成長させるって手もありますが、そればっかりはどうなるか分かりませんしね。)。

大丈夫かなぁ。。とか思ったりするのですが、今まで見てきた先輩弁理士のことを考えると意外と大丈夫なのかなぁと思ったりします。少なくとも50代前半くらいの方々は普通にバリバリ明細書を書かれている印象です。

ただ、50代も後半になると少し疲れた感じの人が増えてくる印象でしょうか。まぁ完全にその個人次第なんでしょうけどね。これから定年退職のタイミングが後ろにずれていくと、結構大変かもしれないですね(そういえば、60代で完全に灰のようになっている人がいたなぁ。。(完全に私の印象なので悪しからず。本人は極めてやる気に満ちている可能性もあります。))。

弁理士業という体力勝負の仕事をしていると、ふとこういったことが心配になったりするのですが、何歳になっても若々しく、新しいことにチャレンジし続ける自分でありたいものです。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com