弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

「知財担当者って単なるメールボーイでしょ?」って言ってる弁理士は、まだこの業界のことをあまりよくわかっていないんだと思う。

タイトルのようなことを思っている事務所弁理士は、ある程度存在するようです。企業知財部から特許事務所に転職した後に、リアルでそういうことを言う人に会い、結構幻滅するとともに、この人は今まで大した仕事をしてこなかったんだなぁと思いました。

前々職(企業知財部)の同僚にも、確かにそのような人(メールボーイ)はいたように思いますが、どちらかというと少数派だったように思います。

基本的には、そういったタイプの人は、重要事業を任されておらず、「まぁ、特許なんてあってもなくてもどっちでもいいんだけど、発明奨励のために一応出願はしとく?」みたいな事業を任されていた印象です(ほぼ独占状態みたいな事業の場合、特許はそこまで重要視されなかったりします。まぁ競争がないので、特許なんて不要ですわな。)。

事務所の弁理士も、重要案件を担当している人は、知財担当者を単なるメールボーイとは思っていないと思われます。もし知財担当者が単なるメールボーイと感じるのであれば、現在置かれている環境が相当なぬるま湯で、自分のスキルが低下している可能性があることを心配した方がいいのかもしれません。

そういや、こんなこと言う人がいたなぁとふと思い出したので。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

外内案件を通じて記載要件のギリギリのラインを学ぶ

自分で明細書を書いた場合、日本において記載要件( 36条4項1号、36条6項1号等)だけで権利化不可能状態(どこをどう補正してもどうにもならん状態)に陥ることはまずありません。ある程度無難な明細書を書きますので。

というか、この11年と少しの間、こないだまでそのような状態に陥りそうと感じたことすらありませんでした。

が、現在、外内案件を通じてその危機を(少しだけ)感じています。先日、面接をしてきました。

面接のアポを取る時に言われた言葉が印象的でした。

「面接に来て頂いたからと言って、書かれていないものが書かれていることにはなりませんからね。」

そらそうですわ。うーん、辛い。

そういや、初めて特許侵害訴訟の補佐人をやることになりそうです。よく考えたら、企業時代も通じて国内の侵害訴訟に携わるのは初めてです。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

Twitterってすごいのね(論文答案の書き方をまとめたページへのリンクも貼ってます(笑))

先日、弁理士試験に関する以下の記事を書きました。

japanpatentattorney.hatenablog.com

この記事自体は、実は、とある知り合いの受験生に読んでもらえたらなぁと思って書いたのですが、結果的には結構多くの方に読んで頂けたようです。

最近、ブログを更新する度にTwitterで呟いています。そうすることで、Twitter経由でこのブログにアクセスしてもらえますので。大体は、このブログへのアクセスのうち1〜2%がTwitter経由といった感じでしょうか(小さいことからコツコツと、って感じです。)。

(アクセス数が伸びて何が嬉しいんだってのは謎ですが、完全にゲーム感覚でやっています(笑)他に何か楽しみがないんか、ってのはありますが。。)

で、上記記事をアップしたところ、複数の方から初めてリツイートというものをして頂けました(あざーっす!)。そうすると、Twitterからのアクセスが増える増える。googleとかブログ村とかからのアクセス数を超えてしまいました。

これからも地味に呟きます(ほぼ、ブログの更新情報しか呟いていませんが。。いまいち、どんな内容を呟いたらいいのか分かっていません(笑))

そういや、過去に弁理士試験における論文答案の書き方を書いたことがありました。10年以上前に書いたものなので、今でも使えるかは謎ですが、参考になる部分もあるかも?

japanpatentattorney.hatenablog.com

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

【弁理士】論文試験不合格だった人に読んでもらいたいなぁ。

私、平成15, 16, 17年と三回弁理士試験を受験しまして、論文試験も三回受験しました。正直、1回目とか2回目で受かっていたらまた人生違っただろうなぁと思ったりもしますが、三回受験して良かったなぁと思うところもあります。今日はその理由を書いてみたいと思います。

論文の点数を左右する要素としては、以下の二つが大きいかなぁと思っています。

1.知識(項目を落としていないか)

2.文章力(情報が適切に整理されていて読みやすいか)

正直、項目を一つも落とさなければ、多少文章がぐちゃぐちゃでも合格できます。ただ、なんぼ知識がしっかりしていても、項目というのはついつい落としてしまうものなんです。私も、最後の年は短答で50点以上取るくらいになっていましたが、やはりいくつか項目を落としてしまいました。

挙げた項目数で勝負しているうちは、どうしても結果にムラが出てしまいます。コンスタントに65点を取ることが難しいんです。

ただ、文章力が上がってくると、多少項目を落としても良い点がつきます。私も論文の採点バイトをしていましたが、多少項目を落としていても、よく整理されていて読みやすい答案には高得点をつけていました(合格した年は、答練でもほとんど合格点がついていました。)。

私の場合、2回目受験した時には、まだ文章力というものにあまり意識がいっていませんでした。ですので、答練でも項目を沢山挙げれたときは良い点を貰ったこともありましたけど、ダメなときはダメでした(笑)

多分、2回目で合格していたら、普段明細書を書くときに、今ほど文章の読みやすさというものを気にしなかったような気がします(基本的には理系人間で、文章を書くことから避けていましたし。。)。

今、お客様に明細書を納品して、読みやすいと褒めてもらえることがちょこちょこあります。これは、完全に論文試験を三回受験したお陰かなぁと思ったりします。

ということで、今回論文試験の結果が残念だった方は、自分の文章と向き合う良い機会だと捉えることもできるのではないでしょうか?まぁ、受かっていたら、他の新しいことを勉強できて、さらに羽ばたいていけたのかもしれませんが、物事捉えようかとも思いますので、前向きに考えた方がいいんでない(まぁお節介ですね。すんません。)?

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

特許明細書って何歳まで書けるもんなんだろうか。。

中小特許事務所には所長以外に管理職的なポジションがありません。したがいまして、給料を貰うためには何歳になっても明細書を書き続ける必要がありそうです(それか、管理職ポジションを沢山作れるくらいに事務所を成長させるって手もありますが、そればっかりはどうなるか分かりませんしね。)。

大丈夫かなぁ。。とか思ったりするのですが、今まで見てきた先輩弁理士のことを考えると意外と大丈夫なのかなぁと思ったりします。少なくとも50代前半くらいの方々は普通にバリバリ明細書を書かれている印象です。

ただ、50代も後半になると少し疲れた感じの人が増えてくる印象でしょうか。まぁ完全にその個人次第なんでしょうけどね。これから定年退職のタイミングが後ろにずれていくと、結構大変かもしれないですね(そういえば、60代で完全に灰のようになっている人がいたなぁ。。(完全に私の印象なので悪しからず。本人は極めてやる気に満ちている可能性もあります。))。

弁理士業という体力勝負の仕事をしていると、ふとこういったことが心配になったりするのですが、何歳になっても若々しく、新しいことにチャレンジし続ける自分でありたいものです。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

夫婦間の労働バランス(妻が仕事に燃え出しています。。)

うちの家庭は共働きです。元々妻はバリバリと働くタイプだったのですが、出産を機に時短勤務にしてもらい、少し仕事を落ち着かせてもらっています。

ただ、元来働き者なのでしょう。どうも仕事面で色々とやりたいことがあるようです。これから半年くらいは、二週置きに土曜日の研修に参加するようです。

これから半年間、妻がいない土曜日に、私と二人の子供とで何をするかを考えないといけません。昨日は台風が来ていたこともあり、家でダラダラと過ごしてしまいました(プラレールを組み立てたり)。。

まぁ、妻が仕事を頑張ってくれるのは、家族にとっても良いことだと思っています(私の仕事がどの程度安定しているのかも謎ですし(鬱とかで倒れたら終了なので。。)。。)。

ということで、色々とバランスをとりながら自分の仕事も頑張らんとあかんなぁと思う三連休最終日です。すべてをパーフェクトな状態にもっていきたいと思う反面、それは結構難しいので、やはり合計点が最大になるようにリソースの割り振りを考えねばなぁと思うところです。

色々難しいねぇ〜。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

特許情報が事業戦略に役立つ!?(って思ってたけど、結局事業環境によるんやろうなぁ)

特許の公開情報は、基本的には1年半以上前に出願された技術情報です。しかも、その情報には単なるアイデア出願(実際には開発されていないアイデア)も多く含まれており、ある意味ゴミだらけです。このゴミの山からどうやって事業に役立つ情報を抽出することができるのか。。

企業在籍時はデジカメ事業に長く携わっておりました。デジカメって開発サイクルがめちゃめちゃ短いんです。(最近はスマホで写真を撮るし、デジカメの現状はあまり知りませんが)当時は半年に一回新機種を発売していました。

こういったタイプの事業にとって、特許情報って古すぎるんです。特許情報から何らかの事業戦略を導くのは難しいと思っていました。

当時在籍していた企業は世界で初めてミラーレス一眼を発売しました。ミラーレスに関する特許出願も担当していました。世界初なので、デジカメ業界においては結構革新的な出来事だったと思います。

ただ、このような大きな変化が起きるときでさえ、メインの出願(ガチの開発内容の出願)の多くは、製品発表から遡って一年半以内に行なわれています(公開情報を見れば分かります。)。なんやったら発表前日まで明細書を書いていました。。

なので、当時在籍していた企業がミラーレス一眼を本気で開発していることを、外部の人間が特許情報から見出すことは難しかったと思います。この場合、特許情報を使って出来ることは、ミラーレス一眼の発売から一年半後に、初号機の仕様を推定するのに役立てるくらいでしょうか。でも一年半後やからなぁ。。

まぁこんな経験から、特許情報を使って事業戦略をうんぬんかんぬんという話を聞くと、ついついほんまかいなと疑ってしまいます。

ただ最近は、結局事業の性質次第なんやろうなぁと思っています。たとえば、自動車業界って開発スパンがめちゃめちゃ長いんですよね。こういった業界では、一年半前の情報って意外とフレッシュなのかもしれません。こういった業界では、特許情報が事業戦略を立案するのに役立つのかもしれません。

まぁ流行りに取り残されないのは重要ですが、特許情報をうんぬんかんぬんというのに飛びつくか否かは、自分の担当事業の性質をよく考えてからの方がいいのかなと思ったりもします。まぁ何でもとりあえずやってみるってのも重要だと思いますけどね。

うだうだ言わんと今日も明細書書こう(笑)

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

中小企業案件むずい(大企業案件とは大分勝手が違いますなぁ。当たり前なんやが。)。。

私、新卒から大企業の知財部で働いており、前の事務所でも主に大企業の案件を担当しており、基本的には今までずーっと知財に詳しい人達が仕事相手だったわけです。

ところが中小企業がお客様になりますと、知財担当者を置かれていない場合も多いため、知財については全く知らない人が仕事相手になる可能性があります。

知財については全く知らないということが分かっていればまだマシです。手取り足取り説明しつつ、こちらが完全にリードするということを決めれますので。

ただ初対面のお客様ですと、知財についてどの程度見識をお持ちなのか不明なことがほとんどです。その辺、探り探りやっていかざるをえません。

色々と見識をお持ちのお客様に「特許を取るには新規性と進歩性との両方を満たす必要がありまして。。」なんてところから説明していたら「そんくらいは知っとるわい」と言われかねませんしね。。

ただ、当然これくらいは分かっているだろうと思って話していると、どうも話が通じていないっぽい、なんて、ことも起こり得ます(先日もそういう事態に出くわし、大分時間を無駄にしてしまいました。要反省です。)。

分かってはいましたが、明細書が上手いとか、ライセンス交渉スキルが高いとか以外にも大切なことって沢山あるんやなぁと実感している今日この頃です。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

特許事務所で求められる役割は年齢が上がっても大して変わらん。

最近、以前勤めていた企業の同期と飲む機会がありました。何人かと飲んだのですが、みんな知財部門の幹部に向かってステップアップしています。

ある人は非組合員に昇進し幹部研修に励んでいたり、ある人は非組合員への昇進前にMOT(Management of Technology)系の研修を受講していたり。

日本企業って何だかんだ言っても年功序列なので、30代中盤にもなると、多くの人は、その組織の管理職的ポジションにつくようになっているんですなぁ。

一方、特許事務所の場合はどうでしょう。何となくですが、年齢が上がったからといって、自分の役割が変わることはほとんどないように思っています(雇われている限り)。

大手特許事務所の場合、20代であっても50代であっても、依頼があった案件をひたすら処理することが求められます。特に営業なんてしなくても、事務所名に仕事の依頼がくるため、各担当者は、とにかく明細書作成をしまくることが重要です。そのお陰で、明細書作成、中間処理といった基本的な実務に関しては効率的に経験できるように思います。

中小規模の特許事務所の場合、20代であっても50代であっても、お客様対応から明細書作成、場合によっては訴訟対応まで、兎に角何でも対応することが求められます。ある程度スキルを有した状態で入所すると非常に面白いですが、初心者が入ると結構大変なような気もします。(流行っている中小規模事務所の場合)本当に幅広い経験をすることができます。

今は中規模事務所で何でもかんでも担当させてもらっていて、本当に充実しています。まぁ何が良いかは分かりませんが、自分的にはまぁまぁ良い選択ができているかなぁと思っています。

8月ももうすぐ終わりか〜。はえーなぁ。。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

特許図面作成は息抜きみたいなもん(になればな〜。。)

以前所属していた大事務所はもちろんですが、以前所属していた大企業でも組織内に図面担当者が存在していました。そのため、私はここ10年自分で図面作成をしていませんでした。

が、今の事務所に転職してからは図面を自分で作成しています。最近はかなり慣れてきて、色々と描けるようになってきました。ただ、かなり時間をかけてしまっています。図面が一日仕事になることもあり、正直非効率だなぁと思うこともあります。

まぁでもやらんことには絶対に早くならないし、やるしかないんですよねぇ。。

とか言いながら、今日、図面外注の許可を得ました。どの程度外注するかは考えないといけないなぁと思っている次第です(完全に外注するって決めてしまうのも手なんですけどねぇ。。)。

最近は「キュウソネコカミ」を聴きながら息抜き的に図面を描いています。明日もメガシャキ飲んで、「MEGA shake it」聴いて、テンション上げて頑張ろう(明日は東京です。。)。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

弁理士業のやりがい(基本的には結構単調な仕事なんでねぇ。。)

現在は訴訟の仕事なんかもやらせて貰っていますが、特許事務所での仕事は、基本的には権利取得業務になります。なので、基本的には毎日明細書を書くか意見書を書くかをしています。

色々な技術分野を扱いますので、知らない技術を色々と勉強することができます。そういった面白さはあります。

とはいうものの、基本的には、机の前で毎日書類作成をするだけなので、毎日笑いが止まらないといった面白さはありません。というか、ほぼ笑いません(笑)(秘書の方に言わせると、私はそんな職場でもよく笑っているそうです(笑))

じゃあ何がこの仕事のやりがいか、というところですが、やはりお客様が自分の仕事(たとえば、明細書)に満足してくれた場合に、この仕事をやっていて良かったなぁと感じます(どの仕事でも同じでしょうけどね。)。ですので、お客様からのフィードバックが良かった場合には、本当に嬉しいです。

そういった意味で、私も、良い仕事をしてくれた方にはちゃんと良いフィードバックをしたいなぁと思っています。

昨日は、帰りに事務所の近くのカレー屋さんに寄りました。めちゃくちゃ美味かったので、お店の方にその旨を伝えたいなぁと思ったのですが、少し照れくさく、その旨を伝えることができませんでした。。今度行ったら絶対に言おー(迷惑かなぁ?とか思ったりもするけど、言おー(笑))。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

台風と共に東京に移動しました(何でこんな日に台風くるんや。。)

明日の午後から東京で仕事です。本当は明日の朝に新幹線で東京に移動する予定でしたが、台風のせいで万が一新幹線が止まってしまったらシャレになりませんので、今日の午後から東京に移動しました。

準備が不十分な点があったため、新幹線内、ホテルにて仕事をしっぱなしでした(当然ですが、新幹線内では公知情報を用いた作業しかしておりません。)。

出張のときは、ご当地グルメを楽しんだりするのですが、今回は無理でした。ホテル前のはなまるうどんで晩御飯をちゃちゃっと済ませました(ぶっかけうどん、うめー、と普通に堪能しました(笑))。

その甲斐あってある程度形になりました。疲れた。。

関東の大学出身ということもあり、東京で会いたい友達が結構いるのですが、なかなか難しいです。遊びたいなら仕事以外で来ないとダメですね(でも、チビがいる家ではなかなか遊びに東京に行ったりはできないんですわ。。)。

とりあえず、明日仕事が上手くいくことと、明日無事大阪に帰れることを祈りながら寝ます(笑)

(よく考えたら、前の事務所では東京出張って一回もなかったけど、今は結構来てるなぁ。。まぁ、だから?って感じですけどね(笑))

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

創業者上司と雇われ上司との違い(まぁ結局人によるんでしょうけどね。。)

現在社会人12年目なのですが、今の事務所にて、初めて創業者の元で働いています。一度は創業者の元で働いてみたいと思っていたので、そういった点でも非常に良い経験をさせてもらっています。

何故創業者の元で働いてみたいと思っていたか。。

今まで見てきた上司の中には(本当に極々一部の方です。。ほとんどは素晴らしい上司でした!)、「それはいくらなんでも違うやろ。。一旦言ってもうたから引っ込みつかんようになってはるわ。。」というときに、人の言うことに聞く耳を持たず、本当に最後まで引っ込まない人が何人かいました(部下に完全なイエスマンになることを求めている感じ?)。

こういうことができるのって、やはり雇われの身だからなのではないか、と思うことがあったりしたんですよね〜。結局、生意気な部下の相手をしても、イエスマンの相手をしても給料が変わらないならイエスマンの相手をした方が楽だ、というのは分からんでもないですからね。。単純に自分の意見が否定されたらカチンとくるのも分かりますしね。

ただ、創業者の場合は少し違うのではないか、当然会社の永続的な繁栄を望むわけだし、そういった場合には生意気な部下も寧ろウェルカムだったりするのではないか、と思ったり。イエスマンよりも生意気な人の方が色々と勉強していたり、本当の意味で組織の発展に役立つことも多いのではないかと思ったりするんですよね。

まぁそういうことで、一度は創業者の元で働いてみたいと思っておりました。

で、現状どうかというと、今の上司(創業者)は、周りをよく見てはるなぁと、結構気配りしてはるなぁと感じています(今、事務所が伸びている秘訣がそんなところにもあるように思います。)。私自身も非常に快適に仕事をさせてもらっています。結構色々な仕事をやっていて頭がパンクしそうになるときもありますが、何とかやれるのは今の環境のお陰です。

ということを前々職の元上司(MBAホルダー)に話すと、「それはその人が当たりなだけやで〜。最悪な経営者も一杯おるで〜。」とのことでした(その方は、MBA関係で今でも色々な経営者にお会いになっているようです。)。

ということなので、創業者だから、雇われだから、というのはあまり関係ないのかもしれません(笑)

チャンチャン!

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

最近全然更新していませんが、グーグルで結構上位に表示されるようになってきました。

ブログ開設当初は「弁理士×ブログ」とか「知財×ブログ」とかの検索ワードでグーグル検索の上位に表示されることを目標にしていました。ところが、これが結構難しく、特に「弁理士×ブログ」という検索ワードでは下の方にも表示されない状態が永らく続いていました。

色々と調べていると、グーグルは、ある検索ワードに対して、同じブログサイト(はてなブログとかアメーバブログとか)のブログを多数表示することはないということが分かりました(多くても2サイト)。

どうやら、はてなブログには弁理士知財関係の人気ブログが既にいくつか存在したようで、私のブログはなかなかグーグルに拾ってもらえなかったようです。

正直、はてなブログを選んでミスったなぁと思っていました。

が、今日ふと「弁理士×ブログ」で調べてみたところ、1ページ目にこのブログが上がってきました。またちょこちょこ更新するようにしよっかなぁ〜と思っていたのですが。。

うーん、今日のお昼休みには上がってきたのですが、今はまた上がってこなくなってしまいました。。萎え〜。。まぁぼちぼちやっていきます(まぁ、アクセス数が増えたからどうというわけでもないんですけどね(はてなブログは、google adsenseもできません。。まぁそういうのを狙うなら弁理士ネタはやめとけという感じですけどね。)。)。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

審判、審判、面接、情報提供、審判、訴訟、面接

先月後半からタイトルのような感じです。今日一応色々と目処が立ったのでホッとしています(そんなことをやっているうちに他の仕事(出願やら普通の中間)が溜まりまくっているのですがね。。)。

うーん。すごくありがたい話なのですが、すげー仕事ある。単に出願案件ばかりをやっているわけではなく、メリハリがあるので、そんなに大変な感じはしていませんが(ほんまか?(笑))。

優秀な人が今の事務所に沢山入ってきてくれたら本当に嬉しい。少しは期限にゆとりを持って仕事をしたい(笑)普通の特許事務所では経験できない面白いことを色々と担当できますよ(大阪の事務所です。)!

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com