弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

複数案件を捌く手順(どんな手順が効率的なんでしょう?)

手持ちの出願案件が複数ある場合にどんな手順で捌くのが効率的なのでしょう?たとえば、以下の二つだとどうでしょう?

1.兎に角順番に1件ずつこなす。

2.複数件を並列的にこなす。

複数件を並列的にこなすと、今一体どの案件をやっているのかが分からなくなりそうで一見効率が悪そうにも感じます。ただ、個人的には何故か複数件を並列的にこなした方が捗ります。

一つの案件を最後までやろうとすると、どうしても途中で飽きてしまって、ボーッとしてしまうような気がします。

ですので、まずは、クレームと図面(手書き)だけを複数件分まとめて作成して、その後、順番に明細書を仕上げていくのが自分には合っていそうです。特に図面を外注する場合には、こっちでやると、明細書が仕上がる頃にちょうど図面(清書版)が仕上がってくるので良い感じです。

ただ、捗るのは結構なことなのですが、めちゃくちゃ疲れます。。はぁ。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

ノルマ特許出願を減らす方法

恐らく多くの企業で特許出願のノルマがあるものと思われます。たとえば、発明者1人当たり半期に1件とか、開発部署毎に半期で10件とか、そんな感じでノルマが設定されているのではないでしょうか?

そういう状況ですので、期末が近付いてくるとノルマを達成しようと、各発明者が次々と発明提案を行なうことになります。ただ、経験的にですが、ノルマ達成のために期末に駆け込みで提案される発明ってあまり筋が良くないことが多いように思います。

(1)これは新規性ないよ。。というパターンか、(2)確かに新しいかもしれんけど、さすがにこんなん使わないんじゃないの?というパターンが多かったように思います。

知財担当者としては、こういうノルマ出願の対応に工数を取られるのが結構辛いです。ですので、私は以下の方法でノルマ出願を減らす工夫をしていました。物凄く画期的な方法です(笑)

◼️ノルマ出願を減らす方法

1.期末が近付く前に各発明者の開発内容を把握しておく。

2.期末が近付く前に開発内容から発明提案をしてもらう。

期末までにノルマが達成されていれば、(当たり前ですが)発明者が期末にノルマ達成のために無理やり発明提案してくることはありません。

こういうことを継続していると、結果的に自社の特許ポートフォリオが充実してきます。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

事務所のリクルート戦略をマジで考えることになりそうです(汗)

今年、正式なミッションとして事務所のリクルート戦略を考えることになりそうです(ってか、なりました。)。本業(明細書作成)も頑張らんといかんのですが、副業(リクルート活動)も結構重いです。

他の特許事務所の活動を調査してみて、うちの事務所のリクルート活動がいかに遅れているかが分かってきました(いや、前から知ってたかも。。)。

正直、特許事務所が継続的に発展できるかは、優秀なメンバーを集められるかどうかに掛かっていると思います。特許業界を目指す若い優秀な人が減っていく中で、いかにして優秀なメンバーを確保するか。非常に難しい、かつ、重要な問題です。

まぁ、難しいかつ重要な問題なので、やりがいレベルは高そうです。一緒にミッションを担当するメンバーと共に楽しんで結果を出していきたいと思います。

(何となく今年は楽しい1年になりそうです。本業の方も結構順調です。)

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

(新しければ)何でも特許になる。

前職時代に自分が担当した特許出願のステータスを今でも確認することがあります。結構想いを込めて出願していたので、ちゃんと良い形で権利化されるかが気になるのです。

で、中でも非常に気に掛けている出願(本当に汗を流しまくった案件です。)がどうも特許になりそうです。単一性違反だけ指摘されていましたが、メインクレームは拒絶の理由が発見されていないようです。

そのメインクレームというのは、重要な課題の非常にシンプルな解決手段をクレームしたものです。正直、ここまでシンプルな内容で特許になるんやろか?と出願時は少し自信がありませんでしたが、本当に(新しければ)何でも特許になるもんなんやなぁと再確認した次第です。

因みに、その出願は、新たなコンセプトの商品を発売する前に20発明以上を詰め込んで行なった出願です。全部の発明をそれぞれ分割して権利化できれば、その商品に関して結構えげつない特許網を構築できそうです。

ちゃんと全部権利化してもらえると嬉しいなぁ(特許事務所の場合、企業の知的財産部と違ってそういうことを考える必要がないので、ちょっと寂しいです。)。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

自分のキャパを真面目に探ってみる

事務所における成果というのは、結局のところ処理件数になります。当然ですが、上司のチェックが厳しい状態では件数は伸びにくい一方、自分の裁量で仕事を進められるようになれば件数は伸びやすくなります。

私の場合、未だに色々と上司のチェックを受けています。正直、去年はそれを言い訳に少しやる気を失っていました。

今年は、そんな下らないことでやる気を低下させないようにします。自分の置かれた環境下で何件処理できるかを確かめる年にします。

上司のチェックもしっかり受けるし、自分が考える高品質というものにも妥協しません。家族との時間も大切にします。その上で何件処理できるか、というのを今年は確かめたいと思います。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

久しぶりに構造系の案件をやっています。

大事務所の場合、担当する技術分野が細分化されている場合が多いのではないでしょうか?私の場合、とあるクライアントの電気・制御系の案件ばかりを担当しています。大体90%くらいでしょうか。

あとの10%は他のクライアントの案件や、構造系の案件です。

今日は、久しぶりに構造系の案件に取りかかりました。企業時代は電気系でも構造系でも何でも書いていたので構造系だから苦手とかいうことはなかったのですが、久しぶりに構造系を担当すると筆が止まりますね。

なかなかクレームが上手い感じに纏まりませんでした(タイムオーバーで帰ってきてしまいました。。)。週明けの朝イチの頭で何とか良い感じのクレームを作成したいと思います。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

仕事始め(疲れた〜)

前日の昼間に子供とよく寝た関係か、昨日はなかなか眠ることができませんでした。お陰で今日はかなりキツかったです。体調が良くない割には仕事は結構順調に進んだかな。

今年の目標は、、、まだしっかりと考えられていません。最初が肝心なんだけど、ミスってしまったなぁ。とりあえず、仕事関係で現在思っているのは以下の3点です。

1.午前中の集中力を午後にも持続させる(根性で何とか頑張ってみるけど、無理そうなら熱冷まシートでも貼ろうかなぁ。)。

2.月2回は日曜日の午前中に事務所で働く。

3.結果的に処理件数を10%以上アップさせる。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

やはり給料が良い会社は激務(そりゃあそうですよね。)

社員の平均年収が1,000万を超えている会社がぬるいわけがないですよね。確かに私自身、学生時代にはそんなことイマイチ分かっていなかったですし、多くの人が給料の良い会社に入社したいと考えることはよく分かります。

ただ、楽なのに給料だけが良いなんてことは考えにくいです。自分で事業を立ち上げているならまだしも、人に雇われている状態で1,000万/年以上稼ごうと考えると結構大変だと思います(自分で事業を立ち上げている人は被雇用者よりはるかに頑張っていますしね。。)。

たとえば、私の前職の大企業の平均年収は750万前後だったように思いますが、この年収は20〜30時間/月くらいの残業をした場合の年収だと思います。実際、私(間接部門所属)もそれくらいの残業時間で30代前半には平均年収前後を頂いていました。

一方、技術部門(直接部門)の人は土曜日も出勤したりして結構忙しそうでしたが、その分残業代はしっかりと貰っており、お給料はかなり良かったようです(残業時間によっては、30代前半でも1,000万/年は狙えると思います。)。

まぁそんな感じで、給料が良いところというのは必然的に忙しいようです(世の中甘くないですね。。)。

(因みに、特許事務所の雇われ弁理士で貰っている人達の働き方も結構エグいようです。)

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

先日の忘年会で他の弁理士と話して

自分の脳の特性を理解することが仕事(大事務所の弁理士業)の効率化のために非常に重要だと最近感じています。私の場合には、「私の脳は昼飯までは元気」ということです。

したがって、本当のことをいうと、朝6時頃から12時頃まで仕事をした場合の成果と、朝9時頃から21時頃まで仕事をした場合の成果との差が大したことなかったりします。

理想的には(平日は家庭の事情で早朝から勤務することができないため)朝9時頃から15時まで仕事して、そこから昼休憩(1時間)をもらって、さらに1時間程ベッドで寝てから、17時頃から22時頃まで働くようにしたいです。

こうすることで、大袈裟でなく、1日で現在の1.5〜2.0日分(今も何やかんやで事務所に12時間/日で滞在しているような気がします。)くらいの成果が出せそうに思います(うちの事務所で難しいことは分かっていますが。。)。

因みに、こんな風に自分の体質(脳質?)と事務所の勤務ルールとがマッチしていないと感じているのは私だけではないようです。先日の飲み会で他の数人の弁理士も色々と自分の特性について語っておられました。

まぁこんなことを言っても事務所のルールが変わるわけではないので、自分の脳を上手くコントロールして、現状のルール下でのアウトプットの最大化を考えないとな。。というところです。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

何とか年を越せそうです(休出のお陰で目処が立ちました)。

年内にお客様に納品すべき案件すべてについて何とか目処が立ちました。やはり土日両方出ると、仕事がかなり前に進みます。しかも土日は早朝出勤が可能です(これはどちらかというと家庭の事情です。)。

私の脳は朝型なので、昼飯までの勤務時間を多く確保することで、丸一日勤務したくらいの成果が出ます。土日両日共に6時台から勤務を開始することで、かなり効率的に働けたような気がします。

今週あと一件終わらせられれば、結構良い感じです。明日も頑張ろ〜っと。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

今年一年を振り返って(結構しんどかったかなぁ)

正直、結構しんどい一年でした。

業務量が多く残業を沢山しなくてはいけない。。というのは意外としんどくないものです。では何がしんどいか?

企業では9年間知財業務をやってきたのですが、特許事務所では2年目であり、まだまだ初心者です。なので、必要以上に色々な場面で初心者のフリをすることが求められているような気がしました(笑)

「うーん、ちょっと違うよなー」という意見は不要で、「なるほどー」という感想が求められているような感じです。これって結構しんどいんですよね。自分に嘘をついているような感じで。

まぁこの辺はそのうち解消されるように思いますが(というか、既にかなりマシになっているように思いますが。。)、来年はそういう気持ちを抱かずにひたすら成果を追い求めたいものです。

とりあえず今週末も朝だけ事務所に行きたいと思います(今日は二日酔いなので休みますが(笑))。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

滑り込みで英検に申し込みました。

前回、思っていたよりも結果が悪くやる気をなくしていましたが、一応次回も受験することにしました。

今回受けないと二度と受けないような気がしたので。

最近国内出願の明細書ばかり書いているからか、イマイチ英語の勉強が捗りません。

折角申し込んだことだし、何か一冊終わらして受験したいと思います。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

私の脳は朝型のようです(随分前から気付いていましたが。。)。

朝は本当に頭が冴えます。前日の晩にどれだけ時間をかけても理解できなかったことが、あっという間に理解できたりします。

大体毎日、昼食をとることで脳の働きが悪くなります。昔、弁理士試験の勉強をしていた頃は、朝食を沢山とって、15時くらいまで昼食をとらずにぶっ通しで勉強していました。

今はお昼休みの時間が決まっているのでそういうことが出来ません。早朝に出勤して(お昼休みまでの時間を長く確保して)夜早くに帰るというのが理想的なのですが、平日の朝は色々とやることがあって(ゴミ捨てやら皿洗いやら)なかなか早朝出勤が出来ません。

ということで、休日の本日は早朝出勤です(笑)年内にここまで終わらせたい、という短期目標達成のためです。出来れば昼過ぎには帰りたい。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

経験年数と実務スキル(すごい人もいたもんだ。)

企業の場合、優秀な人は早々に管理職になるケースが多いです。そういう優秀な人は、早々に実務から足を洗うことになります。

したがって、優秀な人が必ずしも実務家として十分な経験を積んでいるかというとそうでもなかったりします。その結果、経験年数が長いからといって実務スキルが必ずしも高くない、という現象が生じます。

マネージメントを行なうために、必ずしも実務スキルは必要ないということなのでしょう。

一方、特許事務所の場合、所長以外は実務から逃れられません。したがって、いくら優秀であっても、ずーっと実務家です。優秀な人は努力家である確率も高いので、結果的に、経験年数が長い人程、実務スキルが高くなります。

(ついていけなかった人達はどこに消えていったのでしょうか。。考えるとゾッとします。。)

最近も先輩(私よりも実務経験が長い)の仕事に触れて感動しました。私も10年ちょっと知財業界で働いていますので結構目は肥えていると思うのですが、何と優秀な先輩が多いことか。本当に勉強になります。

お、今日はここまで。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com

事務所説明会(色々改善すべき点がありますな。)

本日、私が所属している特許事務所で説明会が開催されました。うちの事務所では今まで事務所説明会というものを開催したことがなく、今回初めての試みでした。

私自身もプレゼンを行なったのですが、何というか時間が足りない。。19時〜20時ということだったのですが、あと1時間くらい欲しい感じでした。参加して下さった方々ともう少しお話ししたかった。

先日参加した合格者交流会で声を掛けさせて頂いた方も何名か参加して下さり感謝感謝です。じっくりとお話しできなかったことだけが心残りです。。

次回の事務所説明会は、(仮に開催することになれば)今回の反省点を踏まえて、もう少し皆でじっくりと話せる会にしたいと思います。

兎にも角にも、本日説明会に参加して下さった方々、悪天候の中どうもありがとうございました。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com