弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

【就職・転職】各社知財部のカラーを知るために調べると良いかもと思うこと。

企業知財部時代、ライセンス担当をしていたときに感じたことがあります。パテントアグリゲーター(RPXとか)やNPE(Non Practicing Entity)の日本ブランチの責任者って、日本の企業知財部のOBであることが多いです。 現役時代にご本人がライセンス交渉をバ…

【弁理士試験】ベテランの域に達してしまった受験生が意識した方が良いと思うこと

何度も書いていますが、私、三回の弁理士試験受験を経て、ようやく弁理士になることができました。三回というと、「まぁ普通ですね。」と言われることが多いです。 まぁそうなんですが、それは社会人の場合です。学生の場合は、三回も受験していれば完全な「…

他社特許調査みたいな仕事もやっています(技術の流れを知ることができて結構おもろいんよね。)。

現在所属している事務所には法律部門が存在するため、法律部門経由で知財関係全般の業務が舞い込んできます。元々企業知財部出身であり、今まで権利取得業務以外も色々とやってきたため、法律部門経由で頂く仕事は結構好きです(ずーっと権利取得をやってい…

事務所規模に応じて受任案件の質が違う説(まぁそらそうやろうなぁ)

今の事務所(中規模)は、前の事務所(大規模)と比較して、納期の厳しい案件が多いように感じています。いつも納期に追われているので、精神的には少し疲れます。 何で納期が厳しいのかというところですが、そもそも受任している案件の性質が違うような気が…

明細書納品時のコメント(お客様が特許の専門家じゃない場合、結構むずいよね)

今の事務所に移ってから、知財部門のないお客様から仕事を頂くことがちょこちょこあります。 そういったお客様に明細書案文を納品する場合、どういったコメントを付してあげると親切なんでしょう。 よくよく考えると、自分も大企業の知財部出身だし、前の事…

弁理士(知財担当者)は技術の専門家なのか?(たまに、俺は技術者よりも技術に詳しいぜー、みたいな人いるよね。。)

どうなんでしょ? 最初の職場(大企業知財部)には、以下の二大派閥(笑)がありました。 派閥A:知財担当者は、技術者に負けない技術力が必要!兎に角、一つの技術的専門性を身につけよう! 派閥B:技術のことは技術者に任せる。技術者から本当のことを聞き…

「知財担当者って単なるメールボーイでしょ?」って言ってる弁理士は、まだこの業界のことをあまりよくわかっていないんだと思う。

タイトルのようなことを思っている事務所弁理士は、ある程度存在するようです。企業知財部から特許事務所に転職した後に、リアルでそういうことを言う人に会い、結構幻滅するとともに、この人は今まで大した仕事をしてこなかったんだなぁと思いました。 前々…

外内案件を通じて記載要件のギリギリのラインを学ぶ

自分で明細書を書いた場合、日本において記載要件( 36条4項1号、36条6項1号等)だけで権利化不可能状態(どこをどう補正してもどうにもならん状態)に陥ることはまずありません。ある程度無難な明細書を書きますので。 というか、この11年と少しの間、こな…

Twitterってすごいのね(論文答案の書き方をまとめたページへのリンクも貼ってます(笑))

先日、弁理士試験に関する以下の記事を書きました。 japanpatentattorney.hatenablog.com この記事自体は、実は、とある知り合いの受験生に読んでもらえたらなぁと思って書いたのですが、結果的には結構多くの方に読んで頂けたようです。 最近、ブログを更新…

【弁理士】論文試験不合格だった人に読んでもらいたいなぁ。

私、平成15, 16, 17年と三回弁理士試験を受験しまして、論文試験も三回受験しました。正直、1回目とか2回目で受かっていたらまた人生違っただろうなぁと思ったりもしますが、三回受験して良かったなぁと思うところもあります。今日はその理由を書いてみたい…

特許明細書って何歳まで書けるもんなんだろうか。。

中小特許事務所には所長以外に管理職的なポジションがありません。したがいまして、給料を貰うためには何歳になっても明細書を書き続ける必要がありそうです(それか、管理職ポジションを沢山作れるくらいに事務所を成長させるって手もありますが、そればっ…

夫婦間の労働バランス(妻が仕事に燃え出しています。。)

うちの家庭は共働きです。元々妻はバリバリと働くタイプだったのですが、出産を機に時短勤務にしてもらい、少し仕事を落ち着かせてもらっています。 ただ、元来働き者なのでしょう。どうも仕事面で色々とやりたいことがあるようです。これから半年くらいは、…

特許情報が事業戦略に役立つ!?(って思ってたけど、結局事業環境によるんやろうなぁ)

特許の公開情報は、基本的には1年半以上前に出願された技術情報です。しかも、その情報には単なるアイデア出願(実際には開発されていないアイデア)も多く含まれており、ある意味ゴミだらけです。このゴミの山からどうやって事業に役立つ情報を抽出すること…

中小企業案件むずい(大企業案件とは大分勝手が違いますなぁ。当たり前なんやが。)。。

私、新卒から大企業の知財部で働いており、前の事務所でも主に大企業の案件を担当しており、基本的には今までずーっと知財に詳しい人達が仕事相手だったわけです。 ところが中小企業がお客様になりますと、知財担当者を置かれていない場合も多いため、知財に…

特許事務所で求められる役割は年齢が上がっても大して変わらん。

最近、以前勤めていた企業の同期と飲む機会がありました。何人かと飲んだのですが、みんな知財部門の幹部に向かってステップアップしています。 ある人は非組合員に昇進し幹部研修に励んでいたり、ある人は非組合員への昇進前にMOT(Management of Technolog…

特許図面作成は息抜きみたいなもん(になればな〜。。)

以前所属していた大事務所はもちろんですが、以前所属していた大企業でも組織内に図面担当者が存在していました。そのため、私はここ10年自分で図面作成をしていませんでした。 が、今の事務所に転職してからは図面を自分で作成しています。最近はかなり慣れ…

弁理士業のやりがい(基本的には結構単調な仕事なんでねぇ。。)

現在は訴訟の仕事なんかもやらせて貰っていますが、特許事務所での仕事は、基本的には権利取得業務になります。なので、基本的には毎日明細書を書くか意見書を書くかをしています。 色々な技術分野を扱いますので、知らない技術を色々と勉強することができま…

台風と共に東京に移動しました(何でこんな日に台風くるんや。。)

明日の午後から東京で仕事です。本当は明日の朝に新幹線で東京に移動する予定でしたが、台風のせいで万が一新幹線が止まってしまったらシャレになりませんので、今日の午後から東京に移動しました。 準備が不十分な点があったため、新幹線内、ホテルにて仕事…

創業者上司と雇われ上司との違い(まぁ結局人によるんでしょうけどね。。)

現在社会人12年目なのですが、今の事務所にて、初めて創業者の元で働いています。一度は創業者の元で働いてみたいと思っていたので、そういった点でも非常に良い経験をさせてもらっています。 何故創業者の元で働いてみたいと思っていたか。。 今まで見てき…

最近全然更新していませんが、グーグルで結構上位に表示されるようになってきました。

ブログ開設当初は「弁理士×ブログ」とか「知財×ブログ」とかの検索ワードでグーグル検索の上位に表示されることを目標にしていました。ところが、これが結構難しく、特に「弁理士×ブログ」という検索ワードでは下の方にも表示されない状態が永らく続いていま…

審判、審判、面接、情報提供、審判、訴訟、面接

先月後半からタイトルのような感じです。今日一応色々と目処が立ったのでホッとしています(そんなことをやっているうちに他の仕事(出願やら普通の中間)が溜まりまくっているのですがね。。)。 うーん。すごくありがたい話なのですが、すげー仕事ある。単…

忘年会の幹事という大役を頂きました(またかー、やってもたー。。)

飲み会とかでちょっと楽しむと、飲み会キャラ認定を受け、幹事役を任されたりします。企業時代も前の事務所時代も飲み会幹事を結構やりました。 今回はそういうのやめとこうと思っていたのですが。。うーん、やってまいました。今回の事務所でもそういった関…

外内案件(何事も経験やね。ほんまに。)

今の事務所で働き始めて3ヶ月ちょいになります。今の事務所では、色々と新しいことに挑戦させてもらっています。そのうちの一つに外内案件があります。 以前の職場では、外内案件チームが存在したため、私のところに外内案件がまわってくることはありません…

【弁理士の日】職業病(うーん。。性格悪い系のことばっか思い浮かぶ。。)

ドクガクさん(http://benrishikoza.blog24.fc2.com/blog-entry-2691.html?sp)にお声掛け頂きましたので、弁理士の日記念ブログ企画に乗っかってみることにしました。 折角なので、勝手にお祭り気分で7/1(土)0:00ちょい過ぎに、焼酎を飲みながらの更新で…

10%くらいの時間は自己研鑽に使った方がいいなぁと最近思ってます。

最近、土日は本の執筆をしています。本を書くために色々と知識を整理する必要があり、結果的に色々と勉強しています。久しぶりに各国の審査基準等を読んでいると、色々と忘れていることに気付かされます。 明細書作成の件数をひたすらに追い求めると、そうい…

本の執筆やら色々(仕事のバリエーションやったら負けへんでぇ 謎)

あまり部数の出る本ではないようですが、執筆の機会を頂きました。 (今の事務所は、ボスに「こんなことやってみたいなぁ〜」と匂わせておくと色々と機会を提供してくれます。(久しぶりに?(笑))良い上司に巡り会えて良かった!) 一応、執筆に関する作…

リマインダを出すタイミング(むずい、むずすぎる。。)

今の事務所に入所して2ヶ月半くらいですが、その間、途切れることなく仕事を頂けています(本当にありがたいことです。パートナー達が今まで築いてきた信用のお陰でしょう。)。 で、一応順次、明細書案文を納品しているのですが、中には返事が返ってこない…

特許明細書の答え(があれば楽なんやけど。。)

弁理士や特許技術者の多くは、明細書ってこうあるべきというものをお持ちだと思います。私自身もある程度は持っています。ただ、それはそこまで縛りのキツイものではなく、結局案件の特性に応じて色々と変えています。 私が思っているのは以下です(各国のル…

企業知財部に就職する際に注意すべきこと(3月とか4月に適したネタでした。。)

就職活動時、いきなり特許事務所に行くことは考えていませんでした。ですので、とりあえず大手電機メーカーの知的財産部に絞って色々と情報を集めていました。 電機メーカーを選んだのは、やはり係争が多い業界の方が何かと勉強になるのではと考えたためです…

新規性喪失の例外(例外すぎて適用を受けたことないんです。)

11年ちょっと特許実務に携わっていますが、未だに新規性喪失の例外(特30条)規定の適用を受けたことがありません。 企業時代は「そんな規定の適用を受けないように普段から発明発掘をしておけ!」と言われていましたし、事務所に転職してからも大企業がクラ…