読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

知財実務

権利評価の役割分担

企業における知財活動で、発明発掘と同じくらい大切だと思われるのが自社他社の権利評価です。就職したての頃、膨大な数の権利をどのような手順で評価していけば良いかまったく分からず、非常に困った経験があるので今日はその辺について書いてみたいと思い…

どうすれば特許売買できるのか?

前にも一度書きましたが、前職では一時特許売却を担当していました。今日はどうすれば特許売買をすることができるかを書きたいと思います。当然ですが、まず売買の相手を探す必要があります。ただ、いきなり事業会社に「特許いりませんか〜」なんてコンタク…

知財戦略を語る人は多いが、知財部の戦略を語る人は少ない

いわゆる知財戦略というのは事業戦略の一部だと理解しています。知財部の中でも知財戦略について語りたい人は多かったように思います。「オープンクローズ」的な話を語りたい人は多いのです。知財戦略は非常に重要で、これらについて色々と検討を重ねること…

ある知財部の今昔物語

約10年前、私はある電機メーカに入社し、知的財産部に配属になりました。私が配属された課(約30名在籍)の課長は、私が入社する約3年前に技術部門から異動してきたばかりで、知財に関してはそこまで精通していませんでした(因みに、現在は既に退職さ…

誰もが使いたくなる発明のイメージ

今日は、知財担当者がどのような発明を発掘することで自社の特許ポートフォリオが強化されるかについて私の考えを書いてみたいと思います。 2006年頃、まだ世の中のカメラに顔検出機能が搭載されていなかった時代をイメージして下さい。 ある会社が次機種に…

特許ポートフォリオを充実させるための第一歩

ある会社が一万件の特許を持っていたとしても競合他社がそれらの特許を使わないのであれば、その会社の特許ポートフォリオは充実しているとはいえないと思います。 一方、ある会社が10件の特許しか持っていなかったとしても競合他社がそれらの特許を使って…

特許明細書は単なる読み物か?

明細書の流れを重視するか、権利としての強さを重視するか、によって明細書に書くべき内容が変わってくることがあると思います。 たとえば、先行技術文献が開示している内容がAである場合に、本願としてはA+B+Cをクレームしようと考えているとします。…

明細書スキルの改善方法

企業知財から特許事務所に転職して一年ちょっと経過しました。その間に色々な先輩達に明細書をチェックしてもらいフィードバックをもらってきました。 企業時代にも沢山の外部の弁理士先生方と仕事をしてきましたが、うちの事務所にはスキルの高い人が多いよ…

内製明細書の弱み

先日最近感じている内製明細書の強みについて書きましたので、今日は内製明細書の弱みについて書いてみたいと思います。因みに内製とは、社外の弁理士に明細書作成を依頼することなく、社内の知財担当者が作成した明細書に基づいて特許出願を行なうことをい…

内製明細書の強み

私が以前勤めていた企業ではかなりの数の出願を内製していました。因みに内製とは、社外の弁理士に明細書作成を依頼することなく、社内の知財担当者が作成した明細書に基づいて特許出願を行なうことをいいます。 特許事務所の立場での業務を通じて内製明細書…

中間処理で絶妙な応答案を生み出す方法

知財担当者の中間処理の進め方としては以下のようなパターンがあるのではないでしょうか? 1.事務所コメントを発明者に転送して発明者に応答案を検討してもらう。 2.知財担当者が応答案を検討して発明者に確認してもらう。 3.発明者と知財担当者とで相…

発明者に明細書を確実に確認してもらう方法

今日は知財実務のプチノウハウの一つを紹介したいと思います。企業勤務を開始した頃、以下のようなシチュエーションによく出くわしました。 私「お、特許事務所から明細書が納品されたぞ。発明者に内容を確認してもらおう。メール、ポチ。私自身も時間がある…

知財部における成果のアピール法

知財部で働いていると成果のアピールの仕方に悩むことがあると思います。知財部の成果というものがイマイチわかりにくいためです。特に権利取得を担当していると大変です(ライセンス業務の場合、ライセンス料の支払い低減について報告しておけば良いので比…

開発内容に関する発明発掘

今日は、技術部門の開発内容から効率的に発明発掘を行なうための方法論について書いてみたいと思います。技術部門から開発内容を聞き出すためには、たとえば以下のような方法があると思います。 1.開発内容に関する発明提案を行なうように全技術者にアナウ…

特許売却

企業勤務時代の最後の方は特許売却を主な業務としていましたので今日は特許売却について書いてみいと思います。 特許売却業務は、自分で担当するまでは「誰でも出来る業務なのでは?」と思っていました。何なら「単に売るだけでしょ?」くらいに思っていたと…

特許を取得する意味

企業知財の仕事を始めて少し経ったとき、ふと基本的なことに疑問を持ちました。「うちの会社は何のために特許出願をしているのだろう。。」このことをハッキリさせておかないと、「特許出願なんて無意味」という結論に迷い込む恐れがあります。 若かりし頃は…

OJT(On the Job Training)

今日は企業知財部のOJTについて書いてみます。知財部に配属されると、最初は指導担当者から指導を受けながら仕事を進めることになると思います。 指導担当者が熟練者である場合、新人を早期に指導担当者のレベルまで引き上げることができ大変効率的です。 一…

発明発掘

特許事務所で勤務していると発明の深堀りを行なう機会は多いのですが、いわゆる発明発掘を行なうことはほとんどありません。ここ数年発明発掘から離れているため、自分の考えの整理のために発明発掘について少しまとめてみたいと思います。 一言で「発明発掘…