弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

OJT(On the Job Training)

今日は企業知財部のOJTについて書いてみます。知財部に配属されると、最初は指導担当者から指導を受けながら仕事を進めることになると思います。

指導担当者が熟練者である場合、新人を早期に指導担当者のレベルまで引き上げることができ大変効率的です。

一方、指導担当者が未熟である場合(特に、間違った方向に育ってしまっている場合)、折角の新人も間違った方向に育ってしまいます。

したがって、新人の指導担当を誰に任せるかは非常に重要です(まぁ当たり前ですわな。)。

ただ会社によっては、新人が育たない➡指導担当の適任者がいない➡新人が育たない、という負のスパイラルに陥ってしまっているケースもあるでしょう。そのような会社に入社してしまった場合には指導担当者からの指導ばかりには頼らずに自分で勉強しましょう。

特許実務の独学方法は色々あると思いますが、たとえば以下の方法とかはどうでしょう(私も若かりし時はこれらを採用していました。)?

1.自分の会社の知財担当者で優秀と言われている人が過去に担当した案件の明細書(特にクレーム)を読み込む。

2.知財で有名な会社の明細書を読み込む(先行文献調査やリスク調査で見つかった明細書を読むと一挙両得です。)。

3.指導担当者以外の先輩達にも色々と質問をする。

どんな仕事でもそうなんでしょうけど、本当に最初が肝心だと思います。まぁ私自身もまだまだ勉強しないといけないことだらけです。頑張ります。