弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

特許売却

企業勤務時代の最後の方は特許売却を主な業務としていましたので今日は特許売却について書いてみいと思います。

特許売却業務は、自分で担当するまでは「誰でも出来る業務なのでは?」と思っていました。何なら「単に売るだけでしょ?」くらいに思っていたと思います。

ただ、実際に担当してみると、それは非常に複雑な業務でした。まず自社の特許が誰にライセンスされているかを特定する作業が非常に大変でした。買う側からすれば、誰にライセンスされているかは非常に重要です。ただ、ある会社にライセンスされていないことを保証しろといわれても場合によっては難しかったりします(一つの会社との関係だけをみても沢山の契約が存在し、すべての契約においてたとえば non assertion 条項の有無を確認するのは結構大変です。やるしかないのですが。。)。

また、売り先を探すことが結構大変です(海外を飛び回ることになるので、楽しいといえば楽しいです。)。これについては別の機会にまとめたいと思います。兎に角、(当たり前ですが)筋の良い特許は、出るとこに出ればそれなりの値段で売れます。

その一方、特許売却業務を通して感じたことですが、売ることを目的とすると知財活動はリターンが悪すぎます。これはかなり確信があります。これについても別の機会に書いてみたいと思います。やっぱり、知財活動は事業のサポートのために行なわないとペイしないです。