弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

知財部における成果のアピール法

知財部で働いていると成果のアピールの仕方に悩むことがあると思います。知財部の成果というものがイマイチわかりにくいためです。特に権利取得を担当していると大変です(ライセンス業務の場合、ライセンス料の支払い低減について報告しておけば良いので比較的マシでしょう。)。

権利取得担当者の成果発表は、典型的には以下のようなネタから構成されるのではないでしょうか。

1.「重要発明」について「高品質」な出願を何件した。

2.他社が実施する発明について何件権利化した。

3.自社の特許発明を他社が実施していることを何件つきとめた。

上記2とか3の成果がある場合にはそれなりの発表になるのでしょうが、2とか3はそれなりにハードルが高く、一年を通してそういった成果を上げられない場合もあると思います。

ただ上記1というのは、結構微妙でそれって本当に知財部の成果なの?と思われがちです。たとえば「重要発明」というのは単に担当する技術部門が良い発明をしてくれただけなのでは?とか、「高品質」というのは単に特許事務所が良い明細書を書いてくれただけなのでは?とか思われてしまいます。

結局、重要発明を出願するために知財部は何をどれだけやったのか、高品質な明細書を作成するために知財部は何をどれだけやったのかをアピールする必要があると思います。

たとえば、技術者150人の技術部門においてのべ300回のヒアリングをすることで自社の実施技術を何件発掘して出願したとか(ヒアリングの議事録リストなんかも一緒に提示してもよいでしょう。)、特許事務所が作成した明細書の技術者との読み合わせ確認(これについては、また後日まとめます。)を何回やることで出願全件の品質を担保したとか、こういったことを発表すると、知財部の貢献度合いが少しは伝わるように思います。

ただ、こういうアピールをしている人は少なかった印象です。こういったことを意識して業務を進めると(単にアピールというだけではなく)、本当の意味で知財部としてのお役立ちができると思うんだけどなぁ。。