読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許事務所に勤務する弁理士(35歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

英語学習歴

昔から言われていることですが、知財業務と英語との間には切っても切れない関係があります。

とはいうものの、私は英語があまり好きではなく、企業入社後もなかなか英語学習を開始しませんでした。

最初の4年くらいは日本語ベースで学ばないといけないことが多かったので、英語を勉強しなくても、それなりに自分の成長を実感できました。アメリカのOAも辞書を引けば対応できたし特に英語学習の必要性を感じませんでした。

ただ、5年目から一部ライセンス業務を担当することになり事態は一変しました。事あるごとにアメリカ人の弁護士に案件の相談をする必要があったり、海外の工場とロイヤリティレポートの作成について相談しなくてはならなかったりとシャレにならないことの連続でした。

そんなこんなを経験する中で英語学習の必要性を実感し、5年ほど前から英語を継続的に学習しています。

特に最初の半年はよく勉強しました。お陰で半年程でTOEICのスコアが600から800後半まで伸びました(また別の機会に初学者のための英語学習法をまとめたいと思います。)。

今は通勤途中にリスニング学習をしたり、英検の受験をしたり、英会話を受講したりしています。

特許事務所での業務としては、リーディング(翻訳チェックと引例読解)とライティング(現地代理人へのレター作成)とはほぼ毎日行なっています。たまに現地代理人の接待に参加させてもらいリスニング・スピーキングをすることもあります。

早く英語学習から解放されたいものですが、何となく一生続きそうな気がしています。まぁ慣れてきたらそれなりに楽しくなってきてるんですがね。