弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

内製明細書の強み

私が以前勤めていた企業ではかなりの数の出願を内製していました。因みに内製とは、社外の弁理士に明細書作成を依頼することなく、社内の知財担当者が作成した明細書に基づいて特許出願を行なうことをいいます。

特許事務所の立場での業務を通じて内製明細書の強みと弱みが見えてきたように思います。今日は内製明細書の強みについて書いてみたいと思います。

◼強み

1.知財担当者は特定の技術分野を担当している場合が多く、特定分野に関して(事務所の弁理士よりも)正確な知識を有している場合が多い。その結果、内製明細書は、技術的により正確なものとなる可能性がある(歯切れが悪くなっている理由については、次回の「内製明細書の弱み」をご参照下さい。)。

2.技術的に不明な点が出てきてもすぐに発明者に確認することができる。その結果、内製明細書は、ごまかしのない充実した明細書となる可能性が高い。

3.サポート要件等からチャレンジングであったとしても、知財担当者は、自己の判断に基づいて事業的に必要な範囲のクレームを(事務所の弁理士から色々文句を言われずに)立てることができる。その結果、内製明細書の権利範囲は、事業的に役立つものになる可能性が高い。

今のところ、この辺りが強みかと感じています。特に2は、圧倒的に内製が有利です。本当に使える特許を取得しようと思ったら、事務所であってもクライアント企業の知財担当的な働きをしなくてはいけないのでは?と感じる今日この頃です。