弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

内製明細書の弱み

先日最近感じている内製明細書の強みについて書きましたので、今日は内製明細書の弱みについて書いてみたいと思います。因みに内製とは、社外の弁理士に明細書作成を依頼することなく、社内の知財担当者が作成した明細書に基づいて特許出願を行なうことをいいます。

内製明細書の弱み(明細書品質を高く維持できない要因)としては例えば以下のようなものがあると思います。

1.知財担当者のスキルのバラツキは、事務所担当者のスキルのバラツキよりも大きい。知財担当者の中にはそもそも明細書作成という作業を自分の仕事と考えていない人も多く(明細書作成を知財担当者の業務としていない企業も多いと思います。)、そういう人達の明細書は洗練されていないことが多いです(一方、上手な人は本当に上手です。特にライセンス経験がある人の明細書は洗練されています。)。

2.知財担当者の業務の大半は明細書作成以外なので、明細書作成にそこまで時間を割けない。その結果、色々とボロが出がちです。

3.明細書作成がメイン業務というわけではないため、明細書チェックの体制が整えられていないことが多い。やはり(スキルの高い人)何人かにチェックしてもらうと、明細書の品質は向上します。

内製明細書の強みと弱みとを比較した場合、強みの部分のメリットが非常に大きいです。一方、弱みの部分は知財担当者の努力で改善できるように思います。したがって、企業が明細書を内製することは良いことのように思います(特許事務所の立場でこういうことを書くのは如何かとも思いますが)。

事務所としては、内製明細書に負けないくらい充実した情報をクライアントから吸い上げる工夫をしていくことが重要になってくるなぁと感じています。