弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

特許ポートフォリオを充実させるための第一歩

ある会社が一万件の特許を持っていたとしても競合他社がそれらの特許を使わないのであれば、その会社の特許ポートフォリオは充実しているとはいえないと思います。

一方、ある会社が10件の特許しか持っていなかったとしても競合他社がそれらの特許を使っているとすれば、その会社の特許ポートフォリオは(少なくとも前者よりは)充実しているといえるのではないでしょうか?

自社の特許ポートフォリオを充実させるためには、まず、どういった特許を競合他社が使うのかということを知る必要がありそうです。

ライセンス交渉の場で挙げられる特許を見ると「こんなにシンプル(当たり前)な内容で何で特許になってるの?」という特許が多かったように思います。そういう特許に対しても色々と反論しますが、実際のところ結構厳しかったりします。

そういったことから考えると、出願時から既にそういった内容になりえない出願(シンプルとはほど遠い内容(立証も困難))というのは相対的に価値が低くあまり積極的に行なうべきではないように思います。

少なくとも出願時のクレームは、そのまま特許になれば他社も使う可能性が高い(立証も容易な)ものとすべきです。しかしながら、シンプル(当たり前)な内容は発明者が特許性がないと判断しがちであり、そういった発明は待っていてもなかなか提案されません。

ですので、知財担当者が積極的に開発現場に拾いに行く必要があるのです(特許性なんてある意味何とでもなる、という精神が重要です(笑))。知財担当者が開発現場に出掛けて行って、小難しい発明ではなく、シンプルな発明を発掘することを継続することで特許ポートフォリオが充実し始めると考えます。まさに、発明発掘こそが特許ポートフォリオ充実化のための第一歩なのです。

また別の機会に、どういった発明を発掘すると良いか、その明細書にはどういったことを書いておくべきかについて、仮想事例を交えて私の意見を書いてみたいと思います。