読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許事務所に勤務する弁理士(35歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

知財戦略を語る人は多いが、知財部の戦略を語る人は少ない

いわゆる知財戦略というのは事業戦略の一部だと理解しています。知財部の中でも知財戦略について語りたい人は多かったように思います。「オープンクローズ」的な話を語りたい人は多いのです。知財戦略は非常に重要で、これらについて色々と検討を重ねることは会社にとっても有益ですし、これからの時代必須であることは間違いありません。

一方、知財部の戦略について語る人は少なかったように思います(私が所属していた会社だけかもしれませんが。。)。たとえば、どうすれば競合他社の知財部より効率的に相手が実施する発明を権利化できるか、とか、どうすれば競合他社の知財部より特許リスク調査を効率的に行なえるか、とかです。やっぱりちょっと地味だからでしょうか?(笑)

ただ、こういうこと(知財部の戦略)を突き詰めて考えている人ってかなり少ないと思われるので、先んじて戦略を詰めて実行すれば高い確率で成果を上げられると思います。小さなことからコツコツと、って言いますやん?

いずれブログにも書きたいと思いますが、「特許なんて意味ない」と言う人達はこういったコツコツとした積み重ねをやってない人達なんではないか、というのが私の持論です。コツコツやれば、特許はしっかりと事業競争力の源泉になると信じています。