弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

どうすれば特許売買できるのか?

前にも一度書きましたが、前職では一時特許売却を担当していました。今日はどうすれば特許売買をすることができるかを書きたいと思います。

当然ですが、まず売買の相手を探す必要があります。ただ、いきなり事業会社に「特許いりませんか〜」なんてコンタクトすると催告と勘違いされる可能性があり厄介です。また、事業会社に「特許売ってくれませんか〜」なんてコンタクトするとその特許で撃たれる恐れがあり危険です。

そこで登場するのがパテントブローカーと呼ばれる仲介業者です。仲介業者をかますと売買成立時に結構な仲介手数料を支払うことになりますが(成功報酬であることが多いです。)、最後の最後までこちらの素性を明かさなくてよいため(当然明かしてもよい)上記のリスクを低減できます。

パテントブローカーとどこで知り合うかですが、インターネットで検索していきなりメールを送っても良いですし、IPBC(Intellectual Property Business Congress)(ググって下さい。)に参加すれば山程知り合えます。いったん色々なブローカーと知り合えばこっちが動かなくても色々な引き合いがくるようになります。話がまとまれば売買成立!って感じです。

因みに、私がそういう仕事をしていたのは、2013年から2015年ですので、上記はその当時のお話になります。結構コロコロと状況が変わる世界なので、今はまた違う感じなのかもしれません。一応念のため。


記事に対する感想等ございましたら、以下に頂けると幸いです。
fuji19810430@gmail.com