弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

学生時代に弁理士試験に合格して良かったこと

今日は弁理士論文式試験のようですので、学生時代に弁理士試験に合格して良かったことについて書いてみたいと思います。

因みに私が合格したのは10年ちょっと前なので、今は少し事情が違う点もあるかもしれません。以下、思いついたことを列挙します。

1.割りの良いバイト(答案採点)をすることができました。当時は論文答案一通の採点で1000円もらう事ができました。私は代々木塾とLECで採点をしていました。貧乏学生にとっては非常に良いバイトでした。

2.弁理士試験の勉強をしなくてよくなった(笑)社会人になってからは完全に仕事(と遊び)に打ち込むことができました。これはかなり大きかったと思います。社会人になってからの長期間に渡る受験勉強は、少なからず仕事に悪影響を及ぼすように思います(やるなら短期集中でスパっと合格したいところです。って働きながらは非常に大変だと思いますが。。)。

3.学生時代に弁理士試験の勉強を始めることで、学生時代から社会人の友人を沢山作ることができました。これも結構大きかったです。学生時代から色々と社会の現実について聞いておくことで、色々な現実が見えてきました。少なくとも「弁理士になったら一生安泰」みたいな気持ちはゼロになっていました(受験勉強を始めた頃はやや甘い夢を見ていました。。)。

また機会があれば学生時代に弁理士試験の勉強をしていたことで失ってしまったものについて書いてみようかな(笑)


記事に対する感想等ございましたら、以下に頂けると幸いです。
fuji19810430@gmail.com