弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

技術知識の重要性

企業知財であっても特許事務所であっても、特許業務に携わるのであれば技術知識の強化は必須です。ただ、その重要性の程度が少し違うかな、というのが最近感じるところです。因みに、技術理解力はどちらの立場であっても同程度に重要だと思います。

企業知財の立場であれば、技術知識を有していなかったとしても発明者に根掘り葉掘りヒアリングすることができます。そして、根掘り葉掘りヒアリングした結果に基づいて最適なクレームを作成することができます。そういう意味では比較的技術知識の重要性は低いといえます(当然ある方が良いに決まっていますが)。

一方、特許事務所の立場の場合、必ずしもそうとはいえません。(たとえば、面談無しのケースで)発明提案書の内容をすんなり理解できない場合、まずは色々と調べるところから始めます。発明者の過去の出願やそのクライアントの過去の出願を調べます。それでも分からなければ他社の出願等も調べます。かなり調査を行なった上で、それでも不明な点だけを発明者に問い合わせます。

したがって技術知識があるかないかで、業務効率にかなりの差が出てきます。ということで、日々、技術知識の重要性を感じています。(発明者に聞いたら一発なんやろうけどなぁ。。という心の声を封印して、技術知識の強化に勤しみたいと思います。)


記事に対する感想等ございましたら、以下に頂けると幸いです。
fuji19810430@gmail.com