弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

発明報償制度

蒸し暑いせいか身体がダルいです。そんな日にアレなんですが、今日は発明報償制度について書いてみたいと思います。

どのような企業であっても、年に一回は発明報償のための審査をやっているものと思われます。結構大変(面倒!?)ですよね。大量の権利について自社の実施状況を調べる必要がありますので。

以前の会社に入社してすぐに指導担当になって下さった先輩は、発明報償を生き甲斐とされている方でした(非常に珍しい存在かと。。)。報償審査をする月は、他の業務をストップするという徹底ぶりでした(笑)

そこまでやるのはどうかと思うのですが、報償審査は実は結構便利です。何といっても発明者が非常に協力的です(自分の臨時収入に関わりますから)。ですので、表の目的は「自社実施に対する報償のための評価」としつつ裏の目的を「他社が実施している権利の発掘」とするとよいです。そういう目的を持って発明者からヒアリングしまくると良いです。他社に活用できる権利を発掘してクレームチャートを作れば知財担当者の成果になりますし。

適当にメールで自社実施の有無を聞いて終わらせるのはもったいないと思います。


記事に対する感想等ございましたら、以下に頂けると幸いです。
fuji19810430@gmail.com