読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許事務所に勤務する弁理士(35歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

当事者の仕事と代理人の仕事との違い(明細書)

当事者として明細書を作成していたときは、好き放題に何でも決定することができました。たとえば、クレームをどこまで限定するのか、クレームの対象製品を何にするのか、明細書のストーリーをどういった感じで纏めるのかなどなど何でも自由でした。

ところが代理人の立場となるとそうはいきません。クライアントの指示が最優先であり、指示のないことを勝手に決めることは問題です。当然といえば当然なんですが、このサジ加減が結構難しいなぁと思う今日この頃です。

発明提案書の行間から理解できることまで問い合わせていてはクライアントから呆れられてしまうでしょう(因みに、面談なしで発明提案書のみから明細書を作成するパターンです。)。一方、クライアントが考えている行間を理解出来ない場合に、勝手な決め打ちをした明細書を作成してしまうことも問題です。どのラインからクライアントに問い合わせて良いものか、本当に難しいところです(これを悩んでる時点で聞いた方が安全ちゃうの!?って思ったりもするのですが、そうでもないようです。。)。

今日はそういった感じの問題の対応に時間を費やしてしまいました。この辺の感覚は代理人特有のものだと思います。これをマスターするにはもう少し時間がかかりそうです。


記事に対する感想等ございましたら、以下に頂けると幸いです。
fuji19810430@gmail.com