弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

明細書の役割

本ブログを見て下さっている方々には釈迦に説法かと思いますが、明細書は、「技術文献」としての役割と「権利書」としての役割とを有しています。

いずれの役割も重要なのでどちらの側面も蔑ろにすることはできません。しかしながら、時にこっちを立てればあっちが立たず、という状況に陥ることがあります。

そんな場合ですが、以下のような考え方をすることができるのではないかと思います。

1.特許権としての広さ(限定解釈の余地を消すこと)を追い求めるよりも、広く公衆に技術内容を理解してもらいたい。こんな人は技術文献としての役割を重視した明細書を目指しましょう。

2.多少歯切れが悪いところがあるが(限定解釈されないように気を付けていると、こんな感じになりがちです。)、特許権としての広さを追い求めたい。こんな人は権利書としての役割を重視した明細書を目指しましょう。

事務所の弁理士に明細書作成を依頼する場合、上記1,2のどちらを自分が好むのかを明確に伝えた方が良いと思います。

こういう聞かれ方をすれば2を選ぶクライアントが多くなると思うのですが、事務所の弁理士には結構1寄りの明細書を好む方が多いように思います。多分2で注文しても、企業側から見れば1に寄り過ぎている明細書が納品される可能性もかなりあるのではないでしょうか。

(昔受けたセミナーで聞いた話ですが)ある企業は、クレームが限定解釈されないようにするために、明細書中のどこにも(実施の形態にも!)作用効果を書かないという明細書を推奨しているらしいです(因みに、私は、これはやりすぎでは、と思っています。ただクライアントから依頼を受ければそういう明細書も書きますよ⭐)。


記事に対する感想等ございましたら、以下に頂けると幸いです。
fuji19810430@gmail.com