弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

企業知財から事務所に移って変わったこと(クレーム作成編)

知財業界に入って間もない頃は、発明を特定するために必須の構成要件をうまく絞り込めないなんてこともあるかと思います。ただ、そういったことは3年くらいこの業界で働いているとかなり短時間で正確に行なえるようになってきます。

クレーム作成というのは必須の構成要件を文章化するだけですので、ある程度この業界で働いていればかなり短時間で行なうことができます。

企業知財で働いていたときは、この段階で実質クレーム検討を終えていたように思います。ですので、発明者からのヒアリングが済んで、PCの前に座って20〜30分でクレーム作成を完了していました。(構成要件の過不足はあまりなかったと思いますが)今思うとかなり洗練されていないクレームで出願していたなぁと最近反省しています。

チャチャっと作成したクレームは何かと雑です。本当のベテランになってくれば30分程で洗練されたクレームを作成できるのかもしれませんが(そんなベテランおるんやろうか。。)、今の私はまだまだです。

今は、イメージとしては、企業時代の出願クレームレベルの叩き台をまず作成して、それを色々な角度から磨いていきます。ある面趣味の領域かもしれませんが(実質的に権利範囲には影響しないかもしれません。)、出来上がったクレームは確かに美しいです(自分で言うのも何ですが(笑))。ですので、発明をある程度理解した後に何だかんだで2〜3時間程検討してしまっているかもしれません。

最近、技術分野的に新しいところを担当させて頂いていることもありますが、ちょっと時間をかけすぎです。本当、日々修行です。


記事に対する感想等ございましたら、以下に頂けると幸いです。
fuji19810430@gmail.com