弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

ライセンス担当と権利取得担当とどちらが大変?(ライセンス派の意見)

どっちなんでしょう?企業に勤めていたときはこういった話題がたまに出ていたような気がします。


大変の定義にもよると思いますが、ライセンス担当をやっていた時の方が権利取得担当をやっていた時よりも強いストレスを感じていたように思います。目の前を大きい額のお金が動きますので。


当然ですが、周りの目も厳しかったです。休日出勤をしないといけない状況に追い込まれるのもライセンス担当の時の方が高頻度だったように思います。役員決裁の取消決裁とかいう非常に珍しい決裁を取る状況に追い込まれたこともあります。その時は本当に関係者に迷惑をかけてしまいました(色々な方々に謝りました。。)。


ただ、そういった時に真面目に自分だけのせいだと受け止める人はライセンス担当に向いていないのかもしれません(そういう人は病気になりがちです。)。正直、周りから見た場合にちょっと無責任に見えるくらいの人の方が意外とライセンス担当に向いているのかもしれません(会社にちょっくら損失を与えるかもしれませんが。。)。


考えようですが、無責任に見える人ももしかしたら自己防衛のために一見無責任な態度をとっているだけなのかもしれません。真面目に受け止めすぎたら、もはや一担当者としてはどうしようもなかったりしますので。


うーん、ライセンス系の話は特に具体的に書きにくいのですが、確かに結構大変でした。特に全社の窓口として、社内社外の調整をするのは大変でした。まぁそういった感じで、ライセンス担当は大変だったかな(ただ、担当しているプロジェクトが成果を残せたときの達成感は、権利取得担当のそれよりもかなり大きかったのも事実です。うーん、難しい。)。


今度別の機会に権利取得担当の大変さについても書いてみたいと思います。



記事に対する感想等ございましたら、以下に頂けると幸いです。
fuji19810430@gmail.com