読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許事務所に勤務する弁理士(35歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

権利取得担当とライセンス担当とどちらが大変?(権利取得担当派の意見)

前回書いたようにライセンス担当は結構大変でした。では権利取得担当が楽なのか、というとそういうわけではありません。権利取得担当の方が大変というシチュエーションは山程ありました。


基本的に業務量は権利取得担当の方が多いように思いました(私が所属していた企業だけかもしれません。)。とにかく手を動かさないといけないことが多かったです。何かと技術部門と相談することが必要なので会議が頻繁に入ります。にもかかわらず、隙間時間で、案件の検討(出願、中間等)、及び、書面作成も行なわなければならなかったので本当に大変でした。


緊急出願対応なんてこともしばしば発生しました。今日聞いて明日出願なんていうケースも結構ありました。かなり効率的に回さないと明細書が完成しない恐れもあるので、結構ハラハラドキドキの状況に追い込まれました。


ただ権利取得担当の大変さは知財担当が頑張れば何とかなるものが多かったように思います(一方、ライセンス担当の大変さは、正直自分一人ではどうにもならないものが多かったように思います。)。そういう意味で、個人的には権利取得担当の方がやりやすく感じました。


まぁ人それぞれ何が大変なのかは違うのかなぁとは思います。権利取得担当の大変さは、多くの場合、頑張れば何とかなってしまうので、それはそれで人によってはキツイと思います(頑張れば何とかなることを周りも分かっているので。。)。



記事に対する感想等ございましたら、以下に頂けると幸いです。
fuji19810430@gmail.com