弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

最初に大企業の知財部に入って良かったか?(良くなかったかもしれないこと編)

昨日は「良かったこと編」を考えてみたので、今日は「良くなかったかもしれないこと編」を考えてみたいと思います。


今日もとりあえず、ザーっと列挙してみよう。。と思ったのですが、1点しか思いつかなかったので、それについて書いてみます。


知財部は成果を見える化することが難しい組織だと思います(間接部門の宿命ですかね。。)。そのため、打ち上げ花火を上げる人(事業貢献につながるというよりも、何か目新しいことをする人)が評価される傾向にあったりします(私が所属していた企業だけかもしれません)。


一発かませば出世の道が開けてくるのですが(笑)、多くの人は、自分の良心から、打ち上げ花火ばかりを上げたりはしません(しっかり実際の成果も挙げつつ、花火も混ぜるというのが優秀な人達のやり方だったように思います(笑))。


ただ、たまに振り切れた人も存在して、そういった人は、実際の成果は一切上げず、花火を上げることに専念します。


他人が何をしようが関係ないといえば関係ないのですが、そういった振り切れた人が自分の上司になった場合には結構大変でした。


知財活動って地道な活動の積み上げなので、とにかく継続することが大切だと思うのです。活動内容を微調整しながら継続する。そして、他社より質の高い活動を継続することで、結果的にアウトプットに差が出てくる。その差がライセンス収入やらライセンス料の支払い低減に繋がっていく。そして、それが事業貢献に繋がる。


とにかく継続することは重要で、一旦やめてしまうと今までの努力が水の泡になる可能性があるわけです。


にも拘らず、振り切れた人が上司になった時に、色々な活動が潰されてしまいました。破壊と創造、みたいなノリだったんだろうと思いますが(それ自体も花火といえます。)、色々と活動の成果が出始めていたので本当に残念でした。


こういった経験はしたくありませんでした。しいていえば、こういった経験をしてしまったことが「良くなかったかもしれないこと」かなと思います(ちょっとしたトラウマになっていますので(笑))。


⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


記事に対する感想等ございましたら、以下に頂けると幸いです。
fuji19810430@gmail.com