読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

企業知財から事務所に移って変わったこと(明細書作成編)

今日は、事務所に移って、私の明細書作成業務がどのように変わったかについて書いてみたいと思います。

思いつくことを列挙してみます。

1.表現に関して企業時代よりも慎重になったように思います(権利範囲にあまり影響しない部分も含めて)。上司やお客様からのフィードバックを通じて、感度が上がったように思います。

2.上の1とも関係しますが、読み直す回数が非常に増えました。たとえば、企業時代は最後に微修正をしただけであれば全文読み直すようなことはなかったと思いますが、今はそういった場合でも納品前には全文読み直しています。

3.発明者へのコンタクトが難しいケースが結構あり、明細書を書くために色々と調べることが増えました。結果的に、提案書のみから明細書を作成するスキルが向上したように思います(良いことなんだろうか?まぁ個人のスキルとしては重要かと。。)。

次は、明細書作成業務とは直接関係しませんが、自分が退化しているかも。。と感じることです。

上記3と関係するのですが、発明者等と話す機会が激減した関係で、発明者と話す能力(発明者から技術内容を聞き出す能力)が低下している気がします(笑)冗談抜きで、午前中一言も発しない日とかありますし。。

これは問題です。何とか発明者とコンタクトする機会を増やしていきたいなぁと思う今日この頃です。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

記事に対する感想等ございましたら、以下に頂けると幸いです。 fuji19810430@gmail.com