読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許事務所に勤務する弁理士(35歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

技術者が素晴らしいと考える発明が必ずしも活用できる特許にはならないという話

技術者が素晴らしいと考える発明と、実際に特許ライセンス交渉の現場で活用できる発明とは結構異なります。

技術者が素晴らしいと考える発明は、多くの場合、技術者が苦労して生み出した発明です。こういった発明は小難しい内容になる場合が多く、他社が真似してこないか、又は、真似したとしても立証することができない場合が多いです。

一方、特許ライセンス交渉で活用できる特許になる発明は、誰もが真似したくなる発明です。こういった発明は、非常にシンプルな内容であり、一見進歩性を有しているか怪しい場合が多いです(規格必須特許は除く。)。

ただ、進歩性というのは、直感のみで判断するのではなく(まあ、直感も大事なんですけどね。)、先行文献との関係で客観的に判断する必要があります。

どれだけシンプルな内容であっても、自社として初めて開発した内容であればドンピシャの先行文献がないことが結構あります。ドンピシャの先行文献がなければとりあえず出願です(色々、落とし所を検討する必要はありますが)。

シンプルな内容の発明が実は社内で特許性ナシと判断され、出願されずに消えていってしまっているのではないかと思っています。

感覚的には、発明者が大事だと考える小難しい発明(特許)を他社が使う確率が10,000件に1件とすれば、シンプルな内容の発明(特許)を他社が使う確率は100件に1件くらいです。

ですので、そういった観点で知財担当者が開発現場に発明発掘に出かけると、特許ポートフォリオが劇的に改善されると思っています(一方、発明者が提案してくる発明を出願しているだけでは、いくら明細書やクレームをブラッシュアップしても、たいして状況は変わりません。)。

3年くらい継続すると、ちょろちょろ他社が実施する範囲で権利化でき始めたりします。

特許による有利、不利なんていうものは、競合他社との相対関係で決まるものです。他社より良い活動をすればアウトプットに差が出ます。差が出れば、ライセンス収入なりが発生します。そうすると、特許というものが意味を持ち出すはずです。

こういった考えに基づく何らかのサービスを将来的にはクライアントに提案したいと考える今日この頃です。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

記事に対する感想等ございましたら、以下に頂けると幸いです。 fuji19810430@gmail.com