弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

特許業界におけるマナー

企業知財であっても特許事務所であっても、他人が出願を担当した案件を中間処理の段階から引き継ぐことがよくあります。

このような場合に、中間処理の段階で前任者の仕事内容にケチをつけるのは、マナー違反なのではないかなぁと思うわけです。

明細書がペラペラで補正のネタがないだとか、クレームのポイントがずれているだとか、色々と文句を言っている人を見かけることがあります。

ただ、たとえば、前任者は、明細書に色々と書き過ぎると権利行使時に色々と限定解釈される可能性があることを考慮して「あえて」薄めの明細書を作成していたのかもしれません。

また、たとえば、前任者は、素直なポイントをクレームした場合、立証が難しい内容になってしまうので「あえて」少しポイントをずらして立証容易な範囲をクレームしたのかもしれません。

本来、そのような意図も含めて案件の引継ぎを行なうべきなのですが、仮にそのような意図が引き継がれていなかった場合、裏にどのような意図があるのかは分かりませんし、とにかく、あまり前任者の仕事を否定すべきではないのではないかなぁと思うわけです。

(もしかしたら、本当に前任者がミスをしていただけなのかもしれませんが、恐らく自分自身も別の案件で同じようなミスをしているはずです。にも拘らず、人の仕事に文句を言うのは何だかなぁという感じです。)

中間処理を行なう場合には、前任者の仕事がどうのこうのといったことは関係なく、とにかく目の前の案件を最大限使える特許に仕上げるために、全力を注ぐべきです。

最近改めてこういうことを感じることがあったため、文章にしてみました。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

記事に対する感想等ございましたら、以下に頂けると幸いです。

fuji19810430@gmail.com