弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

いくら良い明細書を納品しても打ち合わせ内容とのギャップが大きければお客様から感謝されないのでは?という話

企業時代に特許事務所に明細書作成を依頼して、困ったケースがありました。

その一つが、打ち合わせで一切話に出てこなかった内容が色々と記載された明細書が納品されたときです。

恐らく正しい内容を記載してくれているのでしょうが、打ち合わせで一切話に出てこなかった項目が追加されている場合、それが技術的に正しいか否か、何故その記載を追加する必要があったのかを簡単には判断することができませんでした。

とにかく、明細書のような真面目な文章の場合(小説とかとは違って)読み手に対するサプライズは不要なのではないかと思います。

「そうそう、言った通りにしっかり正確に書いてくれてるな。」というのが結構重要なのではないかと思っています(クライアント次第だとは思いますが。)。

とは言うものの、時には打ち合わせ時の内容に対して少し追加したいときもあります。そういった場合には、勝手に追加するのではなく、事前に知財担当や発明者に連絡をし、予め承認を得ておくことが重要だと思います。

事前に話を聞いておくことで「はいはい、前言ってたやつね。」と、すぐ理解することができるわけです。その結果、変な揉め事を引き起こさずに案件をスムーズに進めることができるのではないかと思うわけです。

ですが、意外と勝手に内容を追加する人が多かったりします。しかも、そうすることでお客様が感謝してくれると考えているように見受けられたり。。(追加した内容が素晴らしければ感謝されることもあるでしょうが、感謝されるのは内容を追加した趣旨等を説明した後なのかな〜)

とにかく、打ち合わせにて参加者全員で合意形成を図ることが基本です。打ち合わせ時の内容を勝手に覆すことは、極端な話、他の打ち合わせ参加者の意見を無視することになってしまいます。

仮に打ち合わせ時の内容を変更する場合には、納品前にお客様から承認を得ておくことが重要であると考えるわけです。

ということで、今日はここまで。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

記事に対する感想等ございましたら、以下に頂けると幸いです。

fuji19810430@gmail.com