弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

係属中案件を放棄するという辛過ぎる仕事

知財を通じた事業貢献を考えた場合、前向きな業務としては、競合他社が実施する発明を権利化するというものがあります。

これにより、他社との特許ライセンス交渉を有利に進めることができ、結果的に他社よりも事業を有利に進めることができます。

そのような権利を取得するという名目で、大量の特許出願を行ないがちです。それらの出願も、時間の経過と共に他社に活用できる可能性が高いか否かが分かってきます。

他社に活用できる可能性が低いと分かったタイミングで、その出願を放棄することが出来れば、その後の権利化費用を抑えることができ(そのまま無駄と知りつつ権利化を継続するよりは)、事業貢献することができます。

リーマンショックの翌年、知財コストを削減するために、結構な数の係属中案件を放棄しました。発明者に現在の会社の状況を説明し、放棄に同意してもらうという本当にキツイ仕事でした。

ただ、リーマンショックのような結構ヤバイ状況であっても、ある程度理由のつく出願は残すことができました。

とにかく放棄業務はキツかったです。非常事態でも放棄しない理由がつくような出願ばかりになるように、知財担当者が発明発掘を行なうことが理想です。

とは言っても、絶対何件かは不要な出願をしてしまうと思うので、その場合には、不要であることが判明した時点で出願を放棄することで事業貢献につなげていくことが重要であると思われます。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村

記事に対する感想等ございましたら、以下に頂けると幸いです。

fuji19810430@gmail.com