弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

発明提案を却下するという企業知財の仕事

発明者から発明提案書を受け付けた場合、内容がイマイチだったり、先行文献があったりしたときは、提案を却下することになるかと思います。

こちらが提案を却下した場合に、1⃣こちらが納得するような付加事項を提案してくれたり、2⃣別の内容を提案してくれると非常に助かります。

が、そういったことは結構稀で、たいしたことない付加事項を提案して、何とか出願に結びつけようと粘られるケースが多いです。これは結構きつい。

発明者からすると、一度発明提案書を作成してしまうと、なかなか引き下がれないのだと思います。慣れない文章を作成するのに結構な労力を要したにもかかわらず、出願に結びつけられなくては全てが水の泡になってしまうということです(sunk costというやつですね。)。

では知財担当者は、どうすればこういった事態を回避できるのか?

私の経験からすると、発明者が発明提案書を作成する前に一度発明内容をヒアリングするような仕組みを入れておくことが重要だと思います。

発明提案にかかる労力が少なければ少ないほど、発明者が必要以上に粘ってくることが減ります。それでも発明者が粘ってくるときは、それは本当に重要な発明だったりします。

さらに、発明者からの提案を待つことなく、知財部サイドが先に発明者に開発内容を問い合わせ、開発内容の出願可否を決めていくと、出願不可と伝えたとしても粘られることはほとんどありませんでした。

発明発掘に要する労力をなるべく知財部サイドで負担することによって、純粋に知財部が求める発明を集中的に出願できるようになります。これによって、知財ポートフォリオが充実していきます。

ということで、ちょっと面倒なんですが、知財担当者が自ら動き出すことが重要だと思うのです。企業における知財活動の主役は、当然ですが知財部なんですよね〜。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com