弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

前職の同僚達の傾向から読み解く人気弁理士のパターン

ある人が優秀だという弁理士の評価が他の人にとっては必ずしも高くなかったり、弁理士の評価は結構難しいもんだなぁと前職時代に感じていました。

前職の同僚には弁理士個人を指名する人が多かったのですが、何となく次のような観点で各弁理士が指名されていたように思います。

1.付き合いが長くとりあえずやり易い(新米知財担当者(新人時代の私)からすると何故その人を指名する必要があるのかイマイチ分かりませんでしたが、何かと長い歴史があるようでした。)。

2.特定の技術分野に詳しい(パッと聞いてもすぐには理解しにくい技術分野(無線通信系とか)に詳しい方は重宝されていました。正直明細書はあんまり洗練されていないなぁ、という感じであっても十分依頼が入っていたように思います。)。

3.とにかくクレーム、明細書が美しい(恐らく何度も何度も読み返して、より良い表現がないかを検討してくれていたのだと思います。必ずしもその発明に関する技術知識について詳しくなくても、頼む価値は十分にあると思っていました。)。

ということで、私自身は(主に)上記3の観点で優れた弁理士に明細書作成を依頼していましたが(その分、弁理士への技術説明には十分に時間を割いていました。)、知財担当者によって好みが分かれるところのようでした。

私が素晴らしいと評価していた先生が、他の人にとってはあまり使えないという評価だったり。。本当に難しいところだと思います。。が、私が指名していた先生方は本当に一流だったと思うんですけどね。どちらかというと、そっちの同僚の方が。。まぁ要は難しい問題だということです(笑)

個人的には、上記3のスキルを高めながら、何か一つ技術的な軸を作りたいなぁと考えているところです。幸か不幸か、現時点では8割くらいの案件が特定のクライアントのものなので、まずはそのクライアントの技術をしっかりと習得したいところです。

また明日から頑張ります。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com