読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許事務所に勤務する弁理士(35歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

「発明を曲げてはいけないよ〜」というのは尊敬する元上司の言葉です。

知財の世界に入って2年目くらいに元上司に言われたセリフです。

発明者が提案する内容では特許にならなそうな場合、何とか特許性を高めるために、色々と発明内容の変更を(知財担当者として)提案することがあるかもしれません。

ただ、発明内容を容易に変更するのは要注意です。日夜研究開発に取り組んでいる発明者が提案している発明です。なぜ発明者がそういったシンプルな内容を提案しているのか?それを聞き出すことが重要です。

「すごく新しいんだけれどもシンプルな発明」というものは、素人目には簡単な話(進歩性がない)に聞こえてしまいがちです(特に構造系とか)。

発明者が言っていることは全部正しいと一旦信じながら色々な角度から話を聞いてみることが重要だと思います。

ただ、どれだけ話を聞いてもどうも特許にはならなそうだ、という場合もあるでしょう。そういう場合には、どういった限定(ポイント)であれば、「当然他社も使う」が「先行文献には書いていなそう」かを考えることが重要です。

たとえば、実際にそのアイデア(発明)を商品化した場合には当然に必要となってくるのだけれども、ちょっと細かすぎてわざわざ特許明細書には書かないな、というようなポイントを見つけることが重要です。そういったポイントを見つけることで、価値のある権利取得につながります。

間違っても、「先行文献には書いていなそう」だが、それは「誰も使わない内容だから・・・」という限定を加えてはいけません。不良資産をお金で買うようなものです。

特許性を高めようと考えていると、ついつい不要な限定を加えてしまいがちです。「特許性なんてものは何とでもなる」と考えることが重要です。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com