読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許事務所に勤務する弁理士(35歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

いわゆるパテントトロールは本当に悪なのか?

パテントトロール(NPEとかPAEとかいいますね。)というと「そりゃあ悪い奴らだから退治しないといけない!」という論調で話す人がいたりします。ただ、パテントトロールって本当に悪い(だけの)奴らなのでしょうか?

確かに、明らかに非侵害又は無効である特許を振りかざして和解金目的で活動しているNPEは、悪の面が強いと思います。昔はそういうNPEが多かった。ただ、最近はそういったNPEが減ってきているように思います(少なくとも、私が企業に在籍していた頃は)。

実際、IP Transactionの世界(特許の売買が普通に行なわれている不思議な世界が存在します(笑))でNPEが買い求めている特許のレベルは非常に高いものでした(「訴訟で最後までいっても高い確率で勝てる特許」を探しているイメージ)。

一方、仮にNPEが活用している良い特許(訴訟で勝てるレベルの特許)を事業会社が持っていた場合、その特許はどのように活用されることになるでしょうか?

たとえば、その事業会社がその特許を根拠に競合他社に催告を行なったとします。恐らく、催告を受けた競合他社は、非侵害又は無効を強く主張するでしょう。「あの会社が訴訟を打つことはないから、とにかくじっくり値切りまくろう。」と考えているかもしれません。

私が問題だなぁと思うのは、事業会社同士の交渉では、本来ライセンス料を支払うべき会社の立場が圧倒的に強いということです。極端な話、「そんな額要求されるならこの話はナシですね。ビタ一文払いません。」となります。催告している方も訴訟はやりたくありません。なので結局、雀の涙程度のライセンス料を貰って終わり、ってな結末を迎えたりします。

NPEから催告を受けた場合はこうはなりません。いつ訴訟を打たれるか分からないので、本当に良い特許であれば、「早めにライセンスを得るべきだ」となります。

そういった意味では、NPEのお陰で良い特許の活用が促進されているとも言えるのではないでしょうか?

また、NPEに特許を売却する企業というのは、現状本業(製造業)で儲かっていない企業であることが多いです。特許を売却することで得た金は、新たな事業への投資に使われるわけです。そうすることで、新たなイノベーションの元にもなるともいえるわけで、必ずしもNPEが存在するからイノベーションが阻害されるわけではありません。

ということで、NPEも悪いだけの奴らではないのでは?と思っていたりします。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com