弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

何が答えというわけでもない、特許という仕事

たとえば、どういった特許が本当に良い特許なのでしょうか?

訴訟で勝てる特許。

とか言いますが、狭けりゃ狭いほど潰されにくくなるわけです。広けりゃ広いほと潰されやすくなるわけです。

でも狭けりゃ誰も使わないわけです。

すなわち「訴訟で勝てる」といった場合には、まず他社が使ってくれるという前提があるわけです。そういう意味では、やはりある程度広くないと話にならないんですよねぇ。。

文言上他社が使っている特許を各社がどれだけ持っているかというと、実はその数はかなり限られているものと思われます。

潰されにくい特許をハナから狙っていると、そんな特許は誰も使わないとなるわけです。

どちらかというと「もしかしたら潰されるかもしれないけど文言上他社が使う特許」を沢山持っている方が特許ライセンス交渉を有利に進められるものと思われます。

ただ、サポート要件との兼ね合いで、広すぎてもあれなわけです。

というわけで、どういった範囲を第1クレームにするかは結構難しいなぁと思います。まぁ答えはないんでしょうけどね(私は、どちらかというと、厚かましめにクレームしたい派ですが。)。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com