読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許事務所に勤務する弁理士(35歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

知的財産のプロフェッショナルになるためにはどのような経験を積むべきか?

キャリア 知財雑談

知財のプロになるためにはどのような経験を積むべきなのでしょうか?

企業知財時代、特許事務所での経験なんて不要だと思っていた時期がありました。特許事務所で経験できることなんて、たかだか明細書作成や中間処理くらいなもので、これらは企業でも十分に経験できることだと思っていたからです。

ただ、「弁理士として他人の代理経験がないのはどうなの?」という思いもあったりして(他にも色々ありますが。。)特許事務所に転職しました。

実際に特許事務所で働いてみると、同じ明細書作成や中間処理といっても、企業内で当事者として行なうのと、代理人として行なうのとでは色々と違うなぁと日々感じています。

そういう意味では2つの立場を経験することで、少し物の見え方が変わってきたなぁと思っています。1つの立場しか経験がなかったときよりはプロフェッショナルに近づいているような気がします。

自分が経験すると、その経験が必須なような気がしてしまうんですよね(笑)なので、私からすれば、知財のプロになるためには、企業知財の経験も必要だし、事務所の経験も必要だとなってしまいます。

恐らく、開発経験がある人は開発経験が必要だと考えるだろうし、審査官経験がある人は審査官経験が必要だと考えるような気がします(笑)

まぁ色々経験している方がいいんでしょうけど、中途半端な経験はあまり意味がないですから、なかなかあれもこれもとはいかないでしょうね。

まぁどんなキャリアであったとしても、目の前の仕事を一生懸命こなすことが重要なんでしょうね。しょうもない結論ですが。。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com