読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許事務所に勤務する弁理士(35歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

【まとめ】特許事務所のリクルート戦略

キャリア 知財雑談

弁理士試験の口述試験が近いみたいですね。最終合格後は祝賀会ラッシュだと思います。

私自身は祝賀会時には既に企業知財の内定を貰っていましたので、祝賀会で就職先を探すことはなかったのですが、祝賀会では色々な特許事務所が採用活動をしているようです。

特許事務所は、どういったことをアピールすれば、若くて優秀な人材を採用できるのでしょうか?考えてみました(過去に何度か同じようなことを書いていますが(笑))。以下のアピールポイントを強調すれば良い結果が得られるように思うのですが如何でしょう?

1.受注件数が伸びている(事務所間で勝組と負組との差が鮮明になってきているように思います。勝組事務所は、受注件数が結構伸びているのでは?統計データを示すと良いでしょう。)。

2.スキルを伸ばせる(たとえば、事務所内で着実に伸びている人のインタビュー記事や、事務所を去って新たな世界(企業知財、独立等)で活躍している人のインタビュー記事を紹介するのは如何でしょう?←特に辞めた人の記事がポイントです。「特許事務所に転職したらもう終わり」というわけではない、ということを伝える必要があると思います。)。

3.企業の2倍〜3倍残業すれば、大企業より少し良いお給料が貰える?(給料が良いのであればアピールポイントになるでしょう。)

ということで、上記1〜3を満たしている事務所は、それらを積極的にアピールすることで、若くて優秀な人材を獲得できるものと考えます。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com