弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

知財品質 = 発明品質 × 知財活動品質 という考え方

知財品質や知財力の改善について「知財部において」議論をするときに、「発明の質が悪いんだから仕方がない」という感じのことを言う人が(たまに)いたような気がします。

私は、知財品質が発明品質と知財活動品質の掛け算で決まると思っています。

この2つの要素のうち、私は、まずは知財活動品質を上げることをやろうと思っていました(発明品質を上げるために、技術部門に働きかけることも重要だとは思いますが。)。

その理由は、発明品質の向上方法は最終的には技術部門が決める話であるのに対して、知財活動品質の向上方法は知財部が決める話だからです。やはり、まずは身近なところから、という感じです。それに、自分達の改善が進んでいないのに、技術部門にばかり改善を求めるのはやはりおかしい感じがしますしね。

という感じで、知財業界に入って3年目辺りから、ずーっと知財活動品質の向上に興味を持っていました。ですので、知財活動の各フェーズにおける様々な仕組みの導入や実践を行なってきました。

考え方の一例としては、発明発掘のフェーズにおいて、発掘漏れを減らすためにどういった仕組みを入れれば良いか。しかも、チームの皆が同じような成果を出すためにはどのような仕組みにすべきか(チームには色々な人がいますので、誰もサボらせない仕組みにしないといけないんですね。。まぁそれでもサボる人はいるんですけどね 笑)。

でもよくよく考えると、こういった知財活動の最適解に関する議論ってあんまりなくないですか?本来的には、各社が最適解の知財活動を行なうことによって、発明力の差だけで、知財力の差が決まるのが理想なような気がしています。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com