読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許事務所に勤務する弁理士(35歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

知財担当者が自分で明細書を書くことで得られるメリット

知財実務

普段から自分で明細書を書いていると、明細書を仕上げるためにどういった情報が必要であるかを認識できるようになります(「相当色々と聞かないとしっかりとした明細書って書けないよなぁ」ということが分かるような気がします。)。

したがって、事務所弁理士に明細書作成を依頼する際に、どういった情報を準備すべきかを意識できるようになります(当然ですが、事務所弁理士も知らないことは書けませんし、製品知識に関しては知財担当者よりも劣ることが多いと思います。)。

事務所弁理士の中には、積極的にヒアリングをせず、クライアント側から得た情報のみに基づいて明細書を作成する方もいます(一方、こちらが気付いていないようなことまで丁寧にヒアリングをして下さる先生もいらっしゃいましたが、そんなに多くはない印象でした。)。

知財担当者が普段から明細書を作成していると、明細書作成のためにどういった情報が必要かがよく分かりますので、事務所に依頼する際もしっかりと情報を準備することになると思います(そうしないと自分が思っている感じの明細書が上がってきませんので。)。

その結果、事務所から上がってくる明細書の品質も安定するものと思われます(クライアント側がそこまで準備しないと良い明細書を作成できないような事務所は切ってしまえば良いというのも一理あるのですが、上がってきた明細書の品質を適正に評価できるようになるためにも普段から明細書を作成していることが重要になってくるものと思われます。)。

ということで、全案件について知財担当者が明細書を作成する必要はないと思いますが、たまに知財担当者が明細書を作成することはそれなりに有効なのではないかなぁと思います。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com