読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許事務所に勤務する弁理士(35歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

面接審査での心構え

知財実務

斜め後の席の先輩が初めて面接審査に参加するということでしたので、私の面接審査の思い出をちょこっとお話ししました。

出願人と代理人とで少し状況は変わると思うのですが、共通する部分も多いと思いますので、以下、面接審査に関して大切だと思うことを残しておきたいと思います(私は出願人としてしか面接審査に参加したことがありません。)。

1.「こちらの主張を認めてもらえるまで帰らない」という気持ちで面接審査に参加する(そう思えるくらいに進歩性のロジックを事前準備する。)。

2.多分すんなりとはこちらの主張を認めてもらえないので、そのときは、審査官に進歩性がない理由の明確な説明を求める。「何故この構成に関して何れの文献にも開示がないのに、容易に想到できると言い切れるのですか?」という感じ(進歩性に関してはグレーな部分も多いと思うので、そう詰め寄られると嫌なはず。)。

3.追加の調査が必要、という結論になることが多いので、そのときは、追加調査でどのような文献を探すつもりかを聞いてみる。審査官が探そうとしている文献が仮に見つかった場合の補正案についても相談しておく。「仮にそういった技術が公知だとすれば、こういう限定を入れればクリアできますよね?」という感じ。

4.合意事項(?)について、念押しで確認して面接審査を終える。

私の場合、こんな感じで、ほとんどのケースで狙った範囲の権利を取得することができました。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com