弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

知財実務の効果的な指導方法

たとえば明細書作成一つをとってみても、その方法を未経験者に指導するのは結構難しいです。指導対象の人の現時点のスキルにもよりますが、場合によっては作文技術から指導することになったりします。

作文に関する本や知財実務に関する本は色々とあるのですが、これを読めば後は楽勝というような本はあまりないように思います。私の頭がイマイチなだけなのかもしれませんが、やはり本を読むだけではあまりピンとこないんですよね(ただ、基本を抑えるためにそういった本を読むことは重要だと思っています。)。

単に明細書の添削を行なうというのも、未経験者のレベルを一気に引き上げるにはあまり効果的ではないように思います。何というか、ゴールが見えない感じなんですよね。

私が今まで受けてきた、又は、後輩に施してきた指導方法で効果的だったのは、「隣で一緒にやる」という方法です。

たとえば明細書作成であれば、技術者からのヒアリング、クレームの作成、明細書の全体の流れの検討、図面の作成、明細書本体の作成までを全て指導対象の方の隣で行ないます(自分の思考過程を伝えながら)。そうすることで、明細書作成という作業の全体像を掴んでもらいます。その後、自分で明細書を作成してもらって、その思考過程を話してもらい、その思考過程について議論します。

そうすると、何となく上手く育っていくように思います(少なくとも自分のレベルくらいには引き上げられます。)。経験的に。とか言いながら、良い感じに育っていく人は結局のところ単に頭が良い(センスがある?)だけのような気もします。そこのところはよく分かりませんが、自分の場合は、そのように指導してもらうのが非常に効果的でした。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com