弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

発明を真正面から捉えても良い特許にはならない(制御系発明の場合は特に)

制御系の発明の多くは、真正面から捉えている限り、なかなか立証可能なクレームにならないように思います。結局、立証可能なクレームで権利化できないと、その特許が日の目を見ることはありません。

せめて出願時は立証可能なクレームを作成したいものです。そういったクレームを作成するためには、発明を(正面からではなく)横や斜めから見直してみるのが効果的です(発明を曲げるわけではありません。)。

こんなんどうでしょ?あんなんどうでしょ?というやり取りを発明者や知財担当者と繰り返すことで、そういったクレームを見出せます。

この辺の話は色々と具体例を交えると分かりやすいのですが、具体例なしではなかなか難しいですね(笑)(一応、そういったクレームの作成及び権利化は何件もやっていますので、具体例は色々とあるのですが、時間が。。)

今度時間があるときに具体例を纏めるようにしようかな。。とか言いつつ嘘になるかも(笑)

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com