弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

企業知財部に就職する際に注意すべきこと(3月とか4月に適したネタでした。。)

就職活動時、いきなり特許事務所に行くことは考えていませんでした。ですので、とりあえず大手電機メーカーの知的財産部に絞って色々と情報を集めていました。

電機メーカーを選んだのは、やはり係争が多い業界の方が何かと勉強になるのではと考えたためです。実際、私が所属していた電機メーカー(少なくとも私が所属していた部署)では常に係争を意識した活動が行なわれており、非常に勉強になりました。

業界を選ぶのは簡単だったのですが、じゃあ具体的にどの企業に行くかとなると何を基準に選べば良いか難しいところでした。

色々なツテを辿って情報を集めていくと、企業によって知財担当者の役割が結構異なることが分かってきました。

たとえば、ある企業では、知財担当者が明細書を作成する必要がある一方、ある企業では、知財担当者は一切明細書を書かないだとか、ある企業では、先行技術調査は完全に外注である一方、ある企業では、知財担当者が先行技術調査をしなくてはならないだとかです。

学生時代の私は、やはり弁理士たるもの明細書を書けないと始まらないだろう、と考え、明細書を内製すると聞いた企業に入社することを決めました。

実際入社してみると、必ずしも皆が明細書を内製しているわけではなく、明細書を書きたくなければ書かなくても良い職場でした。ただ、自分で書きたければ、いくらでも書ける職場でしたので、非常に良い職場でした(情報収集しておいて良かった!)。

とにかく、企業によって知財部の仕事は結構異なるようです。これから就活を行なう学生さんには、しっかり企業研究を行なうことをお勧めします(いや、ほんま3月とか4月向きのネタでした(笑))。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com