弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

中小企業案件むずい(大企業案件とは大分勝手が違いますなぁ。当たり前なんやが。)。。

私、新卒から大企業の知財部で働いており、前の事務所でも主に大企業の案件を担当しており、基本的には今までずーっと知財に詳しい人達が仕事相手だったわけです。

ところが中小企業がお客様になりますと、知財担当者を置かれていない場合も多いため、知財については全く知らない人が仕事相手になる可能性があります。

知財については全く知らないということが分かっていればまだマシです。手取り足取り説明しつつ、こちらが完全にリードするということを決めれますので。

ただ初対面のお客様ですと、知財についてどの程度見識をお持ちなのか不明なことがほとんどです。その辺、探り探りやっていかざるをえません。

色々と見識をお持ちのお客様に「特許を取るには新規性と進歩性との両方を満たす必要がありまして。。」なんてところから説明していたら「そんくらいは知っとるわい」と言われかねませんしね。。

ただ、当然これくらいは分かっているだろうと思って話していると、どうも話が通じていないっぽい、なんて、ことも起こり得ます(先日もそういう事態に出くわし、大分時間を無駄にしてしまいました。要反省です。)。

分かってはいましたが、明細書が上手いとか、ライセンス交渉スキルが高いとか以外にも大切なことって沢山あるんやなぁと実感している今日この頃です。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com