弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

特許明細書って何歳まで書けるもんなんだろうか。。

中小特許事務所には所長以外に管理職的なポジションがありません。したがいまして、給料を貰うためには何歳になっても明細書を書き続ける必要がありそうです(それか、管理職ポジションを沢山作れるくらいに事務所を成長させるって手もありますが、そればっかりはどうなるか分かりませんしね。)。

大丈夫かなぁ。。とか思ったりするのですが、今まで見てきた先輩弁理士のことを考えると意外と大丈夫なのかなぁと思ったりします。少なくとも50代前半くらいの方々は普通にバリバリ明細書を書かれている印象です。

ただ、50代も後半になると少し疲れた感じの人が増えてくる印象でしょうか。まぁ完全にその個人次第なんでしょうけどね。これから定年退職のタイミングが後ろにずれていくと、結構大変かもしれないですね(そういえば、60代で完全に灰のようになっている人がいたなぁ。。(完全に私の印象なので悪しからず。本人は極めてやる気に満ちている可能性もあります。))。

弁理士業という体力勝負の仕事をしていると、ふとこういったことが心配になったりするのですが、何歳になっても若々しく、新しいことにチャレンジし続ける自分でありたいものです。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com