弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

「知財担当者って単なるメールボーイでしょ?」って言ってる弁理士は、まだこの業界のことをあまりよくわかっていないんだと思う。

タイトルのようなことを思っている事務所弁理士は、ある程度存在するようです。企業知財部から特許事務所に転職した後に、リアルでそういうことを言う人に会い、結構幻滅するとともに、この人は今まで大した仕事をしてこなかったんだなぁと思いました。

前々職(企業知財部)の同僚にも、確かにそのような人(メールボーイ)はいたように思いますが、どちらかというと少数派だったように思います。

基本的には、そういったタイプの人は、重要事業を任されておらず、「まぁ、特許なんてあってもなくてもどっちでもいいんだけど、発明奨励のために一応出願はしとく?」みたいな事業を任されていた印象です(ほぼ独占状態みたいな事業の場合、特許はそこまで重要視されなかったりします。まぁ競争がないので、特許なんて不要ですわな。)。

事務所の弁理士も、重要案件を担当している人は、知財担当者を単なるメールボーイとは思っていないと思われます。もし知財担当者が単なるメールボーイと感じるのであれば、現在置かれている環境が相当なぬるま湯で、自分のスキルが低下している可能性があることを心配した方がいいのかもしれません。

そういや、こんなこと言う人がいたなぁとふと思い出したので。

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com