弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

弁理士(知財担当者)は技術の専門家なのか?(たまに、俺は技術者よりも技術に詳しいぜー、みたいな人いるよね。。)

どうなんでしょ?

最初の職場(大企業知財部)には、以下の二大派閥(笑)がありました。

派閥A:知財担当者は、技術者に負けない技術力が必要!兎に角、一つの技術的専門性を身につけよう!

派閥B:技術のことは技術者に任せる。技術者から本当のことを聞き出す力を身につけよう(技術者は都合の悪いことを隠したりするから)!そして、聞き出した内容をどのような権利に仕上げれば事業に役立つかを考える点に専門性を見出そう!(なので、技術分野も幅広く担当していこう!)

私、この人多分メチャクチャ優秀だなぁと思う人についていっていたら、知らないうちに派閥Bに属していました。そんなこともあってか、私は、弁理士は「技術」の専門家ではなく、「知財」の専門家だと思っています(文字にすると、そらそうやろ、という感じもしますけどね。。)。

正直、企業の知財担当者であれば、派閥B的な考え方を持った方が事業貢献しやすいので、良いのではないかと思います。どれだけ技術的に優れていても、ちょっと権利の取り方をミスると、すぐにクソ特許になってしまいますので。それに対して、技術的な部分を技術者から正確にヒアリングできている限り、技術的な点で大外しする確率は低いです。

一方、事務所弁理士の場合、どちらのタイプも需要がありますので、どちらが良いってもんでもないのかなと思います。売り上げが上がる限り、事務所事業には貢献できますので。やっぱり、小難しい技術分野が得意って人は強いですよね。

とか言いながら、私自身は、やっぱり派閥B的な考え方なんですよね。まぁ当然、派閥A的な仕事を求めるお客様には、可能な限りそっちに寄せた対応をさせて頂きますけどね(笑)

(今の事務所で働き始めて半年ちょっとですが、担当させて頂いたクライアントの数が30を超えていました。昔から派閥B的な考え方を叩き込まれてきたので、何とか対応できているのかなぁ〜。昔の上司には感謝、感謝。)

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com