弁理士(企業知財→特許事務所)のブログ

大阪の特許法律事務所に勤務する弁理士(36歳)のブログです。以前は家電メーカにて企業内弁理士として勤務していました。企業時代のことや現在のこと(主に知財関係の内容)を綴っています。

割に合わない仕事ほど引き受けるべき!(まぁそうはいいながら忙しすぎると難しいんやけどね)

前々から思っていることなのですが、割に合わない仕事(面倒な仕事)には色々なチャンスが眠っているように思います。

たとえば、非常にもつれまくってグチャグチャになっている案件を中途受任するケース。まぁ間違いなく面倒くさい。自分が最初から担当していれば、さすがにこんなに酷い状況にはなってなかったであろう、という案件(まぁ、色々な事情があってそうなっていると思うので、私が最初から担当していてもそうなっているのかもしれませんが。。)。

ただ考えようによっては、こういった状況ってあんまり経験できないんですよね。(自分の担当案件は)なかなかそういった状況に追い込まれませんので。そういう意味では、こういう多少面倒な案件を担当することで、修羅場を経験することができるわけです。修羅場を通じて学ぶことは非常に多いです。前向きに考えると、そんな感じに考えることもできます(笑)

そういった案件を依頼してくるお客様は、今まで我々とはほとんど取引がなかったお客様だったりするわけです。元の代理人(普段依頼している代理人)では状況を改善できないと考えて我々に依頼してくれているような感じです(詳細は分かりませんが)。プロとしてこれは燃えますね(笑)そういった意味でもやりがいを感じることができます。

そういった案件に対して丁寧なサービスを提供すると、お客様が結構感謝してくれます。言葉で感謝の意を示して下さるお客様もいらっしゃいますし、実際に以後指名でお仕事を下さるお客様もいらっしゃいます。本当に嬉しいです。この仕事をやってて良かったなぁと思える瞬間です。

(今の事務所に入所して10ヶ月ちょっと経過しましたが、自分に直接仕事を依頼して下さるお客様が増えてきました。今期末、新規出願に関しては、自分に直できた仕事だけで終わりそうです。)

そういう意味で、割に合わない仕事は、営業の絶好のチャンスともいえます(当たり前っちゃあ当たり前なのですが、自分的には新たな発見です)。お客様に自分の実力を評価してもらう良い機会という感じでしょうか。

まぁ兎に角、いつまでたっても、初心を忘れず、ややこしくもつれ倒した案件であっても、嫌な顔せず引き受けていきたい所存です(笑)

⬇士業ブログ村ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
にほんブログ村


弁理士ランキングへ

記事に関するご感想等ございましたら、以下まで宜しくお願い致します。

fuji19810430@gmail.com